ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【テンマ(天麻)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【テンマ(天麻)】  平成28年5月10日号より

基源:ラン科(Orchidaceae)のオニノヤガラ Gastrodia elata Blume の塊茎を蒸して乾燥したもの

 花が美しいラン科植物には栽培が困難で高価なものが多いですが、ラン科に由来する生薬の天麻や石斛なども高貴薬です。天麻はオニノヤガラの塊茎に由来します。日本、朝鮮半島、台湾、中国、シベリア、ネパール、インド、ブータンなどに幅広く分布する多年草で、雑木林の中の陰湿地に生えます。多年草ですが毎年同じ場所に生えるとは限らず,また塊茎が足のように見えることからヌスビトノアシの別名もあります。塊茎は楕円体状に肥大し、茎は1本で黄赤色で直立し、高さ 60〜100 cm、膜質の鱗片葉がまばらにつきます。その姿から「赤箭」、鬼の用いる矢に例えて「鬼の矢柄」と呼ばれたようです。花期は 5〜7 月で総状に多数の花をつけます。ラテン名の Gastrodia は花の形が胃に似ている事に由来します。植物体に葉緑素はなく、地下で菌類と共生して必要な栄養素を得ています。光合成によってエネルギーを作る植物を独立栄養植物と呼ぶのに対して、オニノヤガラはナラタケ菌に栄養を依存する菌従属栄養植物です。同じようにナラタケ菌に栄養を依存する植物としてツチアケビが知られています。

 古来、天麻の薬用部位について議論されてきました。『神農本草経』には赤箭として収載され、『名医別録』には「赤箭は陳倉の川谷、雍州、および太山、少室に生ずる。三月、四月、八月に根を採って暴乾する」とあり、元来地下部を赤箭と称して用いていたものと思われます。天麻は宋代の『開宝本草』に初収載され、蘇頌が『図経本草』の中で「今の方家は三月、四月に地上茎を採り、七月、八月、九月に根を採る」と記し、また寇宗奭が『本草衍義』の中で「赤箭は天麻の地上部をいったものだ。天麻とは治療上の効果が同一でないので後世二條に分けたのである」と記しているように、宋代になって地上部と地下部の両方を用いだしたようです。現在ではもっぱら地下部を天麻と称して用いており、3〜5月の間に収穫したものを「春麻」、10〜12月に収穫したものを「冬麻」とし、後者の品質が優れているとされます。有効成分は不詳ですが、多量の粘液質やバニリルアルコール、バニリンが含まれ、バニリルアルコールには胆汁分泌作用や癲癇発作抑制作用が、また天麻のエキスには鎮痛作用が報告されています。代表的な処方である半夏白朮天麻湯はめまいや頭痛などに応用されています。

 天麻は高価な生薬のため、ジャガイモの塊茎を蒸乾した「洋天麻」と称する偽品が出まわった事もあります。しかし、今日では天麻の栽培が可能となり中国各地で栽培されています。栽培方法には種子繁殖と塊茎繁殖があります。前述した様にナラタケ菌との共生が不可欠ですが、種子繁殖に必要な菌類はナラタケ菌だけではありません。種子を播種し、発芽した直後はクヌギタケ属の菌類とのみ共生します。その後、生育にともなって共生相手がナラタケ菌に変わっていくようです。一方、塊茎繁殖ではまずクヌギやヤナギなどの根あるいは樹幹に菌種を植え付け、菌糸が充満した菌材を育てた後に、地中に菌材、小さな塊茎(種芋)の順に植え付ける事によって栽培します。しかし、天麻の栽培には注意が必要です。すなわち、ナラタケ菌は生きている植物の根から侵入し寄生することによって枯らしてしまう「ならたけ病」の原因となるため、周囲にヒノキ、カラマツ、アカマツなどの針葉樹やケヤキ、ナラなどの広葉樹、またブドウ、リンゴ、ナシ、クリなどの果樹などがある場合には、それらに被害が及ばないよう注意する必要があります。

 天麻のように菌材を育てて栽培する方法は茯苓の栽培方法に似ています。中国では、原菌であるマツホドの菌糸を培養した後に榾木に植え付けて茯苓を栽培しますが、同じ方法を日本産の菌核を用いて行なっても良質な菌核が形成されないようです。生薬の栽培を成功させるにはオニノヤガラのように生活史を調査し、自然に習うことが不可欠なようです。

 

(神農子 記)