ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【ラクセキトウ(絡石藤)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ラクセキトウ(絡石藤)】  平成26年3月10日号より

基源:クワ科(Moraceae)のオオイタビFicus pumila L.あるいはキョウチクトウ科(Apocynaceae)のタイワンテイカカズラTrachelospermum jasminoides (Lindl.) Lem.の幼い枝を乾燥したもの.その他,ニシキギ科(Celastraceae)のツルマサキEuonymus fortune (Turcz.) Hand.-Mazz. var. radicans (Sieb. ex Miq.) Rehd.,ブドウ科(Vitaceae)のツタParthenocissus tricuspidata (Sieb. et Zucc.) Planch.,アカネ科(Rubiaceae)のシラタマカズラPsychotria serpens L.などが用いられる.

 能『定家』では,後白河天皇の皇女である式子内親王の亡霊と旅の僧とのやり取りが表現されています.鎌倉時代の歌人,藤原定家は内親王と恋に落ちましたが,その想いは内親王の没後もやむことなく,いつしか蔦葛になって内親王の墓に絡みつき,それは取り除いてもすぐに繁茂するようになりました.内親王の亡霊は僧に弔いを請い,僧が法華経の薬草喩品を唱えると成仏したという話です.この話の中で,内親王のお墓に絡みついていた赤く紅葉する葛が定家葛と呼ばれるようになったそうです.このテイカカズラやその仲間も生薬として用いられます.

 防已や木通などの植物の蔓を用いる生薬は,その基源に関して混乱がしばしば見受けられますが,蔓や葉が用いられるラクセキトウに関しても一筋縄ではいかないようです.ラクセキトウは『神農本草経』の上品に落石(絡石)の名で収載されています.『唐本注』には「冬夏常に青く,実は黒くて丸い」とあり,これは,常緑であり紅葉せず,加えて果嚢が熟すと紫色になるオオイタビに良く似ています.加えて,「石の間にあるものは葉が細く厚く丸くて短いが,木に絡まるものは葉が大きくて薄い」とあり,幼い葉は小さいが成長し立ち上がった枝には大きな葉をつけるオオイタビの特徴に良く合致します.『植物名実図考』には,気根を伸ばして這う姿や互生で丸く短い葉が描かれており,オオイタビに良く似ています.この他にも種々の本草書においてオオイタビと思われる記載が認められるため,オオイタビを正品とする説が有力なようです.一方で,『蜀本草』では花は白く種子は黒いと書かれているなど,歴代の本草書の中にはタイワンテイカカズラによく合致するものも少なからず認められます.おそらく両種は混用されてきたのでしょう.現在の『中国薬典』では,「絡石藤は絡石(タイワンテイカカズラ)の葉やつる性の茎」と規定されています.一方で,乳児縄T. cathayanum Schneid.,薜茘藤(オオイタビ),地瓜藤F. tikoua Bur.,穿根藤(シラタマカズラ),扶芳藤(ツルマサキ),華中五味子Schisandra sphenanthera Wils. et Rehd.などの混入・流通が指摘されています.

 オオイタビは多数の5環性トリテルペノイドのほかクマリン類,そして,ルチンなどのフラボノイドが多く含まれていると報告されています.一方,タイワンテイカカズラの葉にはフラボノイドであるアピゲニン,ルテオリンやその配糖体が多く含有されています.つる性の茎からはトラケロゲニンやアルクチゲニンなどのリグナン類が多数報告されています.このアルクチゲニンは,通常の抗がん剤が効きにくい膵臓がんの細胞に対して栄養飢餓状態において毒性を示すことが判明し,近年注目されています.また,数種のインドールアルカロイドの含有が報告されていますが,同じキョウチクトウ科の植物ニチニチソウに含まれる猛毒のビンカアルカロイドの報告は見当たりません.切断面から出る乳液は皮膚につくとかぶれるようですが,毒性自体はニチニチソウほど強くないようです.

 ラクセキトウの性味について,『神農本草経』では苦・温とされていますが,同時に熱性の症状を治すという旨の記載もあり,なんだかはっきりしません.『名医別録』では微寒,『本草綱目』では甘く微酸で苦くないと記載されています.このように性味が一致しませんが,これらは基源の混乱によるものでしょう.『中国薬典』の絡石の項には性味が苦,微寒,帰経は心・肺・腎と記載されています.祛風・通絡・涼血・退熱の効があり,桔梗・射干などと共に絡石湯として咽頭が痛み閉塞するものに用いられます.

 

(神農子 記)