ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【胡黄連(コオウレン)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【胡黄連(コオウレン)】  平成29年7月10日号より

基源:ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)の Picrorhiza kurroa Royle ex Benth. または P. scrophulariiflora Pennell の根茎を乾燥したもの.

 胡黄連は現在日本では馴染みの薄い生薬ですが、古くに伝来し、正倉院薬物漢薬調査報告書によると他の薬物に混ざって胡黄連が発見されており、その後代用品が開発使用されてきたことを考えると、当時は重要薬物の一種であったことが伺えます。

 中国では『開宝本草』に初収載されており、胡(イランなど西域)の黄連という字義から、シルクロードを介してもたらされた薬物の一種と考えられます。同書では『唐本』なるものを引用し、波斯国(ペルシア、現在のイラン)の海辺や陸地に産するとありますが、実際の産地とは異なることから、当時の中国にとっては未知なる国からもたらされる神秘的な薬物であったようです。

 胡黄連は薬効的に黄連と同じく清熱燥湿の効能をもちますが、苦寒の性質が黄連より弱く、下焦湿熱を清導する効能にすぐれているとされています。先述の唐本には「骨蒸、労熱を主治し、肝胆を補い、目を明らかにし、冷熱、洩痢を治し、顔色を益し、腸胃を厚くし、婦人の胎蒸、虚驚を治す」とあり、形態については「苗は夏枯草の如く、根頭は烏嘴に似て、之を折ると肉が鸜鵒の眼に似たものが良い」と記載されています。一名「割孤露澤」とあり、これはゴマノハグサ科(APG分類体系ではオオバコ科)の Picrorhiza kurroaのサンスクリット名Katuka、Katurohiniなどが音訳されたものと考えられ、原産地を暗示しているようです。現にヒマラヤ地方ではこの植物の地下部を万能薬として頻用しており、アーユルヴェーダではKatukiと称して現代では黄疸、消化不良、急性ウイルス性肝炎、気管支喘息などに応用されています。

 日本に伝来した胡黄連の量はもとより十分ではなかったと考えられますが、その有効性から代用品の開発に迫られたようで、鎌倉期以降代用品として「当薬」即ちセンブリが用いられるようになりました。江戸時代の『本草辧疑』の当薬の項には「葉紫花白き小草なり、山野に多し、其の味苦し、諸虫を治し腹痛を止める。古より胡黄連の代に用之。甚だ誤り也。形も味も異なるものなり。但し唐書の諸方に合わするには唐の胡黄連を用い、腹痛の和方に合わするには此の当薬を用へきなり」とあり、『大和本草』には「胡黄連、黄連に似て大也、黄ならず味苦し、蘆頭も黄連に似たり、中華より来る。此草日本にあるや未詳。千振とて秋白花を開きて葉細く味甚だ苦き小草山野にあり、又とうやくと云、国俗是を好んで用之殺蟲消積これを胡黄連と云非なり、或日倭方に胡黄連とかけるは皆せんぶりを用いるべしと云」と記載され、胡黄連の代用として当薬が用いられていた事が窺えます。なお、中国や朝鮮半島でも独自に代用品が開発され、中国東北諸省、朝鮮半島産の胡黄連はメギ科のタツタソウJeffersonia dubiaの根で「鮮黄連」とも言われています。

 P. kurroa はインドやヒマラヤ地方の高山帯に分布する多年生草本で、やや乾燥した地面に這いつくばるように生えています。根元にへら形で長さ5〜10cmでやや皮質の葉がつき、根側から地を這うように長さ5〜10cmの花茎を出し、穂状花序をつけます。花を含め、全体に目立たない植物です。薬用部の根茎は円柱形、少し木質を帯び、長さ15〜25 cm、苦味が強いものです。

 胡黄連には苦味成分であるクトキンやトキオール、クトキステロールなどが含まれ、抗菌、抗真菌、利胆作用などが報告されています。また、代用品の当薬には苦味成分であるスウェルチアマリンやアマロスウェリン、アマロゲンチンなどが含まれ、胆汁、膵液、唾液などの分泌促進作用などが報告されています。

 P. kurroa とセンブリでは植物学的に全く異なり、薬用部位も異なりますが、その苦味と薬効の類似性から代用品として用いられたことが推察されます。高山植物で、根茎が長さ10cm以上に育つにはそれなりの年月を要します。ヒマラヤ高山帯の希少資源植物として、保護をしながら有効利用を図る必要がある植物です。それにしても、遠くヒマラヤから中国を経由してはるばる日本へ渡り、正倉院に納められ、代用品が開発されるなど大切に扱われてきたことなど、ロマンを感じさせる薬用植物です。

 

(神農子 記)