ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【ジョチュウギク(除虫菊)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ジョチュウギク(除虫菊)】  平成26年4月10日号より

基源:キク科(Compositae)のシロバナムシヨケギク Tanacetum cinerariifolium (Trevir.) Sch. Bip.(= Chrysanthemum cinerariifolium Visiani, Pyrethrum cinerariifolium Trev.)の頭状花

 「除虫菊」という名称が、その用途を示しています。ご存知のとおり蚊取り線香に配合される植物です。蚊取り線香はシロバナムシヨケギクの花部や地上部をお線香の原料とともに成形したものです。燃焼させることにより揮発する除虫菊含有成分であるピレスリンが殺虫作用を持っているのです。

 シロバナムシヨケギクはヨーロッパ、バルカン半島地域原産の植物です。日本には分布しておらず、殺虫剤目的として明治時代に日本に導入されました。植物の形態は、高さ30〜60 cm、頭状花は3 cm 程、頭状花の外側一重は白い舌状花が配置され、キク科植物であることを示しています。また、全体に白い毛を密生し、葉が2〜3回羽状に深裂するという特徴により他の同類植物と区別できます。初夏に茎頂に多数の頭状花をつけます。ピレスリン含量は満開時に最大となり、生薬としての利用はこの時期に収穫されるものです。頭状花のみを除虫菊花(ジョチュウギクカ)、地上部全体を除虫菊(ジョチュウギク)と称します。

 収穫は開花期に、除虫菊花の場合は専用の道具で頭状花のみを、除虫菊の場合は株元から刈り取って集めます。これらを陰干しや機械乾燥します。頭状花以外、茎葉にも多少のピレスリンが含まれているため、これらも同目的で使用される場合があります。

 シロバナムシヨケギクは導入直後、和歌山県などで栽培されはじめました。除虫菊花の殺虫剤としての有効性が確認され、徐々に国内生産が拡大し、広島県、岡山県、愛媛県、香川県、そして北海道などで栽培されました。そのうちに、除虫菊花の資源は次第に輸入から輸出に転換し、昭和初期には我が国が世界一の生産国になりました。除虫菊花のピレスリン含量は約 0.3% です。1950年代にピレスリンをより多く含む品種の作出を目指して2倍体や4倍体化の研究も行われました。その結果、ピレスリン含量を 1.5% にすることに成功しています。

 シロバナムシヨケギクという名称は白い花で除虫作用があることから名付けられました。近縁にアカバナムシヨケギク(Tanacetum coccineum)という植物もありますが、これはペルシャ原産の別種で、ピレスリン含量が低いことから当初より鑑賞目的で栽培されています。

 蚊取り線香の製法は施設により異なっているようです。一般に、杉粉(杉の葉を乾燥して粉末にしたもの)、除虫菊花粉末、除虫菊粉、タブ粉(タブノキの樹皮を粉末にしたもの)を混合し、熱湯を注いで充分に練り、圧搾機にかけて成形、乾燥します。緑色のものはマラカイトグリーンという着色料が使用されています。過去には蚊取り線香以外にも、除虫菊花の粉末をそのまま火鉢などでくすべて燻蒸剤としたり、微末にして蚤取りにしたりしたようです。需要の多さから粗悪品も存在したらしく、米ぬかやおがくずの混入があったようです。鑑別法は、粉末を顕微鏡下で観察すると大量の花粉と花部の組織片が認められる、という方法です。

 有効成分ピレスリンの有効・安全性についてです。蚊取り線香から揮散するピレスリンは空中を漂って、蚊の体に入り、蚊の神経細胞に作用して体を興奮、麻痺させることにより殺虫します。蚊取り線香の近くにいる人間もそれなりの量のピレスリンを体に浴び、吸入することになります。しかしほ乳類への作用は弱く、この程度の量では影響はありません。一方、蚊以外の昆虫類、また両生類、爬虫類にも有効なようです。

 渦巻き型蚊取り線香は日本で発明されました。蚊取り線香は有効成分のピレスリンを揮散させるという意味で非常に優れたアイデアです。現在はピレスロイド化合物合成品の登場により除虫菊の需要も減少し、シロバナムシヨケギクの商業目的栽培はほとんど残っていません。蚊取り線香の開発に尽力された先人に敬意を表し、この夏は天然品配合の製品を使用されてはいかがでしょうか。

 

(神農子 記)