ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【羌活(キョウカツ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【羌活(キョウカツ)】  平成19年11月15日号より

基源:Notopterygium incisum Ting ex H.T.ChangおよびN.forbesii Boissieu(セリ科Umbelliferae)の根茎および根。

 「羌活」は2007年の日本薬局方の改正に伴い新収載された生薬です。原植物としてセリ科のNotopterygium incisumおよびN.forbesiiの2種が規定され,これらは『中華人民共和国薬典』で規定されているものと同じです。一方,中国では羌活として地方的に同じセリ科のPleurospermum属,Angelica属など,他の異なる植物が用いられているほか,同類生薬の「独活」の原植物として多数のセリ科やウコギ科植物が報告されています。これまでに独活と羌活は同一物であるとする説がありますが,一方で漢方処方には独活を配合する処方,羌活を配合する処方,また独活と羌活の両方を配合する処方などがあり,同一とは考えがたい事実もあります。古来それぞれの正品が何であったかはこれまで不明でした。

 最近になって,御影らによって,本草考証学的,植物形態学的,植物地理学的観点から羌活と独活の原植物や産地が検討され,羌活と独活の関係が明らかにされました。その内容(薬史学雑誌:第42巻第1号(2007))を簡単にご紹介します。

 「羌活」の文字が最初に本草書に見られるのは『神農本草経』で,独活の一名として記載されました。すなわち,漢代には羌活と独活は同じ薬物であった訳です。その独活の産地として『名医別録』では「雍州川谷或朧西南安」(陝西・甘粛省および青海額済納の地一帯)とあり,『本草経集注』では「此州郡縣並是羌活(文脈からこの「活」は「地」の誤りか)羌活形細而多節軟潤気息極猛烈出益州北部西川為独活色微白形大」と記載され,産地は雍州川谷或朧西南安(羌地)と益州北部西川の2ヵ所があり,前者の地すなわち羌地に産するものを羌活,後者の地に産するものが独活と称されたことが窺えます。また,『新修本草』では「療風宜用独活兼水宜用羌活」と薬効による使い分けが記載されており,唐代には両者が独立した生薬として認識されていたことがうかがえます。

 宋代の『図経本草』には,「文州独活」「文州羌活」「茂州独活」「鳳翔府独活」「寧化軍羌活」の5種の図が附されていますが,正品独活は宋代にはすでに羌活に名を変えていたことから,これらのうち「羌活」の名がつく文州羌活と寧化軍羌活が正品独活であったことになります。実際,文州は現在の甘粛省南東部に位置し,独活の最初の産地である「羌地」にあたり,寧化軍は山西省北部に位置し,羌地に近い土地です。なお,同地産の羌活と区別されている「文州独活」については付図の様子からウコギ科のウドのようだと考察されています。また『図経本草』には,羌活は「紫色而節密者」,独活は「黄色而作塊者」との区別点が記載され,この生薬の外形による区別方法は現在にまで至っています。

 羌活が『神農本草経』中で独活の一名とされた背景には産地との関連があり,古来,独活は羌地に産するものが正品で,それ以外の地に原植物が異なる独活が生じたため,正品独活を「羌独活」と呼ぶようになり,訛って「羌活」になったようです。つまり羌活は古来の正品独活であったと考証されました。

 羌活の原植物については,『図経本草』中の「葉如青麻」から形態的にNotopterygium属植物が該当し,「六月開花,或黄或紫」の記事からNotopterygium incisumN.forbesiiHeracleum tiliifoliumAngelica decursivaA.gigasなど,『醫林纂要探源』にある「傍枝毎三葉」の記事からN.forbesiiA.pubescens f. biserrataが,『植物名実図考』の「茎紫白色」からN.incisumN.forbesii,ならびにAngelica属が該当し,植物地理学的な考察をも加えて,羌活(古来の正品独活)の原植物は,現在日・中の薬局方に収載されているNotopterygium incisumおよびN.forbesiiであると結論されました。今後,独活の原植物についても明らかにし,両者を適切に使い分けることが必要であるとまとめられています。

(神農子 記)