ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【オウヒ(桜皮)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【オウヒ(桜皮)】  平成27年5月10日号より

基源:バラ科(Rosaceae)のヤマザクラ Cerasus jamasakura H. Ohba (=Prunus jamasakura Siebold ex Koidzumi),又はカスミザクラC. leveilleana (Koehne) H. Ohba (=P. verecunda Koehne)の樹皮

 サクラ属植物は世界に約 100 種あり,ユーラシアの温帯から暖帯に分布します.日本に野生するサクラは約 9 種ですが,園芸品種の数は約 300 種とも言われています.植物学的にサクラという種はなく,一般的にサクラ属植物をサクラと通称しています.春の花見で有名なソメイヨシノ C. × yedoensis (Matsum.) A.V.Vassil. は江戸時代末期から明治初年にかけて現れた品種で,明治時代以降に急速に全国へと広まりました.

 サクラは鑑賞するだけでなく,果実はサクランボとして,花は桜湯に,葉は桜餅にして味わう事ができます.生のサクラの葉には香りはありませんが,塩蔵中にクマリン配糖体が分解され,クマリンの甘い香りを発するようになります.桜餅に使用されるのは野生種のオオシマザクラ C. speciosa (Koidz.) H.Ohba で,伊豆諸島特産のサクラです.カスミザクラ C. leveilleana (Koehne) H.Ohba から分化してできた海岸型あるいは島嶼型であると考えられています.カスミザクラに比べて花も葉も著しく大きく,枝は太く,各部位に毛が少ないのが特徴です.また,オオシマザクラやヤマザクラなどの野生種から数多くの園芸品種が作り出されました.

 オウヒ(桜皮)は日本で独自に使用されている生薬です.中国では同じサクラ属植物のシナミザクラ C. pseudocerasus (Lindl.) G.Don の果実を強壮薬として利用していますが樹皮は用いていません.オウヒは『第十六改正日本薬局方』の第一追補で初収載されました.原植物の1種とされるヤマザクラは日本の南半分と朝鮮半島の南部に分布する野生種です.エドヒガン C. spachiana Lavalée ex H.Otto var. spachiana f. ascendens (Makino) H.Ohba に次いで寿命が長く,古木では高さ 25 m,胸高直径 1 m 以上になります.

 江戸時代の民間療法の書物には,「しゃっくりに桜の樹皮を黒焼きにし,粉にして白湯で用いる」,「疔に,五八霜(反鼻の黒焼き),桜の皮の黒焼き各等分を胡麻油でといてつけると妙である」など,樹皮を黒焼きにして用いる記載が多く見られます.漢方では黒焼きを霜と呼び,主に動物性生薬(反鼻,露蜂房,文蛤など)に加える修治です.現在,オウヒは咳嗽,皮膚炎,腸炎などに用いられ,また桜皮エキスをブロチンとして鎮咳去痰に,漢方では十味敗毒湯に配合されます.

 十味敗毒湯は華岡青洲によって考案された漢方処方で,『万病回春』の荊防敗毒散を元に作られたとされています.荊防敗毒散は荊芥,防風,羌活,独活,柴胡,前胡,薄荷,連翹,桔梗,枳殻,川芎,金銀花,茯苓,甘草,生姜の15種の生薬から構成されており,そこから独活,前胡,薄荷,連翹,枳殻,金銀花を除き,桜皮を加えたものが『瘍科方筌』にある十味敗毒散です.この十味敗毒散は後に湯剤となり,桜皮を樸樕に,羌活を独活に改め現在の十味敗毒湯へと変化していきました.この変化は浅田宗伯の『勿誤薬室方函口訣』から始まっており,「此方ハ青洲ノ荊防敗毒散ヲ取捨シタル者ニテ荊敗ヨリハ其力優ナリトス」と記されています.十味敗毒湯は,中国で使用されてきた荊防敗毒散が日本人によって日本人に合わせた処方に加減され進化した処方であると言えます.

 『春雑謌』に収められている山部赤人の四首の歌の中にサクラに関する歌があります.そこでは「足比奇乃山櫻花日並而如是開有者甚戀目夜裳(あしひきの 山櫻花 日並べて かく咲きたらば いと戀ひめやも)」とあり,今,咲いているサクラの花に対する愛着が詠まれています.葉を食用に,樹皮を薬用にするなどして利用してきた我々は,花の季節が終わった後も,サクラの価値を愛で続けたいと思います.

 

(神農子 記)