ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【艾葉(ガイヨウ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【艾葉(ガイヨウ)】  平成21年03月15日号より

基源:ヨモギ Artemisia princeps Pampanini 又はヤマヨモギ Artemisia montana Pampanini (キク科 Copmpositae)の葉及び枝先

 ヨモギ A. princeps は,春にいち早く新しい茎を伸ばし若葉を開きます。若葉を茹でて混ぜ込んだ草餅や草団子は,美しい緑色で,独特な香りがあり,春の訪れを感じさせます。草餅はひな祭りには菱餅として飾られることもあり,春の行事には欠かせないものです。

 ヨモギは本州,四国,九州,朝鮮半島,中国に分布し,人家の周辺や山野の草地に普通にみられる多年草で,地下茎を伸ばして広がります。開いたばかりの若い葉は,両面が白色の毛で覆われますが,生長して植物の高さが約 50〜100 cm になると,葉の表面は毛がなく緑色になり,下面のみに毛が密生し白色を呈します。葉の基部に仮托葉があるのが特徴です。ヤマヨモギ A. montana は近畿以北の本州,北海道,サハリン,南千島の山地にみられ,ヨモギに比べて全体的に大型で,植物の高さは 1〜2 mになります。葉の基部に仮托葉がない点でヨモギと区別できます。ヨモギやヤマヨモギなどのヨモギ属 Artemisia の花は風媒花で,花粉が風で飛ばされやすいように,花は下向きに咲き,花粉の表面は突起がなく互いにくっつきにくくなっています。

 ヨモギ属には他にも薬用になる植物が多く,カワラヨモギ A. capillaris Thunbergは生薬「茵蔯蒿」の原植物で,ミブヨモギ A. maritima L. は駆虫効果があるサントニンを含んでいます。中国では「艾葉」として艾 A. argyi Levl. et Vant. の葉を用いることが中華人民共和国薬典で規定されています。

 ヨモギやヤマヨモギの葉の裏にある毛を集めたものが,灸治療に用いる「もぐさ」です。顕微鏡などで葉の横切片を観察すると,毛は柄の短いT字形をしていて,毛の部分は長くて互いに絡み合っています。そこで,茎葉が生長した夏に葉を採集し,よく乾燥させてから臼で搗くと,葉肉などは砕けて,絡み合った毛だけが綿のようにまとまります。それを何度かふるいにかけて精製して「点灸艾」を製造します。調製法や仕上がりの状態から,製品はいくつかの等級に分けられ,精製度の低いものが「温灸艾」です。

 「艾葉」は『名医別録』の中品に収載された生薬で,「あらゆる病に灸をする。煎じて用いれば,下痢,吐血,下部のちく瘡,婦人の漏血を止め,陰気を利し,肌肉を生じ,風寒をしりぞけ,人に子を有らしめる」と記され,古くから灸治療に用いられていたことがわかります。また,「艾葉」が配合される芎帰膠艾湯は,産後の子宮出血や虚弱者の下血などに応用されます。

 『本草綱目』では「艾葉」について,「凡そ艾葉を用いるには,久しく置いた古いものを修治して細軟にして用いなければならない。これを熟艾という。生艾を用いて灸を点じては肌脈を傷めるものだ。故に孟子に「七年の病に三年の艾を求む」といっている」と記し,また,「王安石の『字説』に「艾は疾を乂(おさ)(意義は治に同じ)め得るもので,久しく経たものほど善い」とある」と紹介しています。これらの文章から,艾(もぐさ)としては,年数を経たものを用いた方がよいことがわかります。

 また『本草綱目』には多数の附方が紹介されています。中風などに灸で治療する,傷寒・吐血・下血などに「艾葉」を煎じて内服する,咽喉の腫痛などに生の葉を搗いた汁を内服する,鼻血が止まらない場合に「艾葉」の灰を鼻に吹き入れる,歯痛に「艾葉」を焼いた煙で鼻や口の中を薫じる,などです。また"発明"の項には「老人で丹田の気が弱いもの,臍腹に冷を畏れるものには熟艾を布袋に入れたもので臍腹を覆い温めれば効果がある。寒湿脚気にもやはりこれを足袋の裏に挟むのがよい」と李時珍の意見が記されています。日本でも,同様の文章が貝原益軒の『大和本草』や岡本一抱の『和語本草綱目』に見られ,また現在でも民間で冷え性や痔疾の人に,乾燥した葉で座布団や腰あてを作って使用されるなど,本草綱目の影響が窺えます。このような先人の知恵を後世に伝えるためにも,今年の春はヨモギを摘んでいろいろと試してみたいと考えています。

(神農子 記)