ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【反鼻(ハンピ)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【反鼻(ハンピ)】  平成22年02月15日号より

基源:マムシ Agkistrodon halys Pallas(クサリヘビ科 Viperidae)の内臓を取りだし,皮を剥いで長く伸ばして乾燥したもの

 「ヘビ」という言葉から連想される事柄にはどのようなものがあるでしょうか。その容姿から生理的に嫌いだという人もいれば,毒ヘビを連想して恐ろしい生物であるという人もいることと思います。このように一般的にヘビは人間からは嫌われ,偏見をもたれる傾向にあるようです。しかし医学の世界では洋の東西を問わず,ヘビは神聖なものとして扱われてきました。中国医学において,北方の神である玄武は亀に纏ったヘビです。またギリシャ神話では,ヘビは「病を治す神聖なもの」としてあがめられており,医術の神「アスクレピオス」が持つ杖にもヘビが描かれています。現在,国連の世界保健機構(WHO)の紋章にも地球儀をオリーブの枝葉で下から囲んだ国連の紋章にアスクレピオスの杖と共にヘビが描かれています。

 日本で薬用とされるヘビの種類にマムシがいます。マムシはクサリヘビ科に属し,日本や東アジアの大陸部に分布しています。主に草地,耕作地,岩の多い丘陵の斜面などに生息し,カエルやネズミの他,鳥類や魚類などを含めた小型動物を広い範囲で捕食します。一方で,猛禽類やカラスなどの鳥類やイノシシなどに捕食されます。

 マムシは日本で一般的な毒蛇として知られ,しばしば人間が咬まれる事故が発生します。特に妊娠しているメスは夏季に胎児の発育を促進するために日光浴に出てくる習性があり,この時期に人間と遭遇する機会が増えます。マムシの毒は血液毒で,血管組織,内臓などにも作用して局所的に出血や腫脹を生じ,多くの場合激痛を伴います。次第に腫れと痛みは全身に広がり,急性腎不全を起こして死亡することがあるので,咬まれた場合にはなるべく早いうちに血清による治療が必要です。

 日本では薬用にマムシが反鼻の名で用いられています。反鼻は,『名医別録』の下品に「蝮蛇(ふくだ)」の原名で,その膽(胆)と肉が収載されています。『新修本草』,『本草拾遺』などには,原動物の特徴として「鼻がそり返っている」ことが書かれており,このことから「反鼻」と名付けられたと『和漢薬百科図鑑』に記されています。このものはクサリヘビ科のハブ属のヘビであると考えられ,マムシは日本での代用品です。薬能については,『名医別録』に「蝮蛇肉は酒に醸して用いれば,癩疾,諸瘻,心腹痛を療じ,結気を下し,蟲毒を除く」とあり,『薬性論』には「五痔,腸風瀉血を治す」とあります。また『本草拾遺』には,「大風,諸悪風,悪瘡,瘰癧,皮膚の頑痺,半身枯死,皮膚手足臓腑間の重疾をつかさどる処方」として,「蝮蛇1匹を生きたまま器に入れ,度数の高い酒1斗を注ぎ,馬が排尿する場所に埋める。1年後に取り出すと,酒の味は残っているが蛇は溶けている。1升ほども服用せぬうちに,体が軽くなる」と,蝮蛇酒の製法が記されています。また『本草綱目』には,「蝮蛇」として収載され,別名「反鼻蛇」とあり,膽,肉の他に,脂,皮,ぬけがら,骨,糞,体内で死亡した鼠などを薬用とすることが記されています。脂は聴力障害に綿で包んで耳に詰めたり,腫毒に塗布したりし,皮は灰にして疔腫,悪瘡,骨疽を療じ,ぬけがらは身体のかゆみ,疥癬などに用い,骨は焼いて黒い粉末にして赤痢に用いるとあります。

 日本では,反鼻の黒焼きを配合した有名な処方「伯州散」があります。反鼻,津蟹,鹿角を別々に黒焼きにし,細末にしたものを等量混和したもので,慢性の化膿性のはれもの,切り傷などに内服されます。また,民間的にはマムシの全ての部位が利用されています。強壮,興奮薬として疲労時や冷え症などに粉末または黒焼きを内服したり,焼いて食べたり,マムシを漬け込んだ「マムシ酒」を飲んだりします。マムシ酒は内服だけでなく,扁桃腺炎,打身,切り傷,神経痛,歯痛などに外用したりします。胆を乾したものは疲労,腹痛,眼病などに内服し,皮を乾したものは打身や神経痛,また膿の吸出しとして患部に貼ります。また骨を乾したものを煎じて解熱薬とします。

 このように,一般には嫌われがちなヘビですが,古今東西,薬用として様々に用いられてきました。古来神聖視されてきたことと無関係ではないように思われます。

(神農子 記)