ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【桃仁(トウニン)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【桃仁(トウニン)】  平成22年03月15日号より

基源:モモ Prunus persica Batsch 又は Prunus persica Batsch var. davidiana Maximowicz(バラ科 Rosaceae)の種子

 「桃李不言下自成蹊(桃や李(すもも)は何も言わないけれども、その下には自然と道ができる)」とは、中国の『史記』に書かれている文章です。桃や李のように、美しい花をつけ、美味しい果実を実らせる樹木には、自然とその下に道ができます。この文章は、桃や李を人格のある人に例え、徳のある人物であれば多くの人がその徳を慕って集まってくるという、人生の教訓を込めてしばしば使われることわざです。この他に「桃」という字を含む言葉として「桃園の義を結ぶ(義兄弟の契りを結ぶこと)」や「桃源郷(世俗を離れた別天地、理想郷のこと)」があり、また鬼退治で有名な「桃太郎」も広く知られています。このように「桃」という言葉は、良い意味で使用されることが多く、昔から人々に愛されてきた樹木であることが伺えます。

 桃は『古事記』の中にも登場します。伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が、死んでしまった妻の伊邪那美命(いざなみのみこと)に会うために、黄泉国(よみのくに)へ行ったところ、約束を破って妻の変わり果てた姿を見てしまい、そのために、1500人もの黄泉国の軍勢に追われるという話に「桃」がでてきます。軍勢に追われた伊邪那岐命が、現世と黄泉国との境にある黄泉比良坂(よもつひらさか)にたどり着いた時に、そこに生えていた桃の実を3個取って投げつけたところ、黄泉の軍勢はことごとく退散します。そして伊邪那岐命は、桃の実に対し、「自分を助けたように、葦原の中国(なかつくに)に生きているあらゆる現世の人々がつらい目に遭い、患い、悩んでいるときに助けてくれ」と告げ、そして桃の実を「意富加牟豆美命(おほかむづみのみこと)」と名付けたとされます。このような話は、「桃」には邪気を祓う力があるという考えに基づくものと思われます。

 「桃仁」は『神農本草経』の下品に「桃核人」の名で「瘀血、血閉、癥瘕、邪気をつかさどり、小虫を殺す」と収載され、桃核承気湯、桂枝茯苓丸などの繁用処方に配合される重要な生薬です。漢方医学では専ら「桃仁」が利用されますが、歴代の本草書中には、種子以外の部位も薬用とすることが記されています。「桃実」は、孫思邈によれば「肺の病に食べるとよい」とされ、「桃梟(樹についたまま冬を経ても落ちない実)」は、『神農本草経』に「百鬼精物を殺す」、『名医別録』に「中悪腹痛を療じる」と記され、「桃毛(果実の表面の毛)」は、『名医別録』に「血閉や血瘕などに用いる」とされます。また、「桃花」は、『名医別録』に「三月三日に採って陰乾する。人の顔を悦澤にし、水気を除き、大小便を利す」とあります。「桃葉」は、『図経本草』に「嫩(わか)いものを採る」とあり、『本草綱目』には「傷寒時気、風痺で汗がないものを療じ、頭風を治し、大小便を通じ、霍乱腹痛をとめる」と記されています。「茎および白皮(粗皮を去った樹皮、根皮)」は、『名医別録』に「邪気、中悪の腹痛を除き、胃中の熱を去る」とされ、また、「桃膠(樹液)」は、『名医別録』に「練って服すれば、中を保し、飢えず、風寒を忍ぶ」とあります。

 桃は日本でも民間的に様々な疾病に用いられてきました。打撲で、腫れて痛みがあるときには、桃仁をすりつぶし、患部につけるとよいとされます。また、花を用いるには、半分ほど開いた白花で、その年に採った新しいものがよいとされ、比較的体力がある人の下剤として用いられます。また花をすりつぶして、にきび、そばかすに塗布し、葉をすりつぶした汁を鼻にできたはれものにつけたり、回虫駆除薬として服用したりされました。葉を浴湯剤にすることもよく知られ、ふけとりやあせもによいとされます。

 このように桃は、中国および日本で、薬としてさまざまな部位が多方面に利用されてきており、邪気を祓う力だけでなく、病を癒す実力も兼ね備えた植物です。

(神農子 記)