ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 掲載順検索 【薏苡仁(ヨクイニン)】
掲載順
西暦19年18年17年16年
15年14年13年12年11年
10年09年08年07年06年
05年04年03年02年01年
00年99年98年97年96年
95年94年93年92年91年
2019年上に戻る▲
7月オトギリソウ
6月シャクヤク
5月ジュウイシとヤクモソウ
4月ゴシュユ(2)
3月トウキシとケイジツ
2月ハクシジン・ハシクニン
1月カイカクとカイカ
平成30年 (2018年)上に戻る▲
12月コロハ/フェヌグリーク
11月ヒマシ・トウゴマ
10月オウフルギョウ
9月アマニン
8月ガイシとビャクガイシ
7月ヒハツ
6月ハコシ/ ホコツシ
5月セキリュウカヒとセキリュウコンピ
4月コズイシ
3月リョウジツ
2月ジョテイシ
1月ソウジシ
平成29年 (2017年)上に戻る▲
12月ソウキョウ
11月バトウレイ
10月ヤカン
9月コツサイホ
8月ゲンジン
7月コオウレン
6月ビャクゼン
5月バンランコン
4月カンツイ
3月ショウリク
2月ビャクキュウ
1月ロウドク
平成28年 (2016年)上に戻る▲
12月カンショウコウ
11月クセキ
10月ハゲキテン
9月ビャクブ
8月サンジコ・コウジコ
7月ハクトウオウ
6月タイゲキ
5月テンマ
4月サンリョウ
3月タンジン
2月サンシチニンジン
1月ジャショウシ
平成27年 (2015年)上に戻る▲
12月カントンニンジン
11月シツリシ
10月シュクシャ
9月サンソウニン
8月ショウズク
7月カッコウ
6月トコン
5月オウヒ
4月ニクジュウヨウ
3月オウセイ
2月ニクズク
1月インヨウカク
平成26年 (2014年)上に戻る▲
12月ベラドンナコン
11月アンソクコウ
10月ボウイ
9月アロエ
8月ホミカ
7月アラビアゴム
6月ヤクチ
5月アセンヤク
4月ジョチュウギク
3月ラクセキトウ
2月カミツレ
1月ヤミョウシャ
平成25年 (2013年)上に戻る▲
12月エキナケア
11月ボクソク
10月センプクカ
9月フヒョウ
8月ジンギョウ
7月ブクリュウカン
6月ゼンコ
5月ボウショウ
4月シンキク
3月ジョウザン
2月ハズ
1月シャチュウ
平成24年 (2012年)上に戻る▲
12月ジャコウ
11月バクガ
10月シクンシ
9月チユ
8月シオン
7月ビンロウジ・ダイフクヒ
6月サンズコン
5月コウホンとワコウホン
4月タイシャセキ
3月ビャッキョウサン
2月ウワウルシ
1月モツヤク
平成23年 (2011年)上に戻る▲
12月ボウチュウ
11月ロホウボウ
10月コンブ
9月チンジュ
8月ゲンチアナ
6月コウカ
5月カントウカ
4月ハンロウ
3月タイソウ
2月ニュウコウ
1月カンゾウ
平成22年 (2010年)上に戻る▲
12月ジンコウ
11月ゲッケイジュヨウ
10月ショクエン・ジュウエン
9月センソウ
8月スイテツ
7月セッケツメイ
6月クレンシ・クレンピ
5月モクツウ
4月ブンゴウ
3月トウニン
2月ハンピ
1月ショウコウとカイショウシ
平成21年 (2009年)上に戻る▲
12月ス・クシュ
11月ライフクシ
10月ジリュウ
9月ショウキョウ・カンキョウ
8月クコシ・ジコッピ
7月ショウバク
6月コショウ
5月ソウハクヒ
4月キョウニン
3月ガイヨウ
2月オウバク
1月ボレイ
平成20年 (2008年)上に戻る▲
12月サンヤク
11月サンシシ
10月カッコン
9月ヨクイニン
8月ゴマ
7月ダイズ
6月レイシ
5月デンシチ
4月ダイサン
3月ヨウバイヒ
2月オウレン
1月ケイヒ
平成19年 (2007年)上に戻る▲
12月モッコウ
11月キョウカツ
10月チャヨウ
9月ゾクダン
8月ハチミツ
7月ガイヨウ
6月ヘンズ
5月ソボク
4月フクボンシ
3月ハマボウフウ
2月オンジ
1月ゴマシ
平成18年 (2006年)上に戻る▲
12月サンシュユ
11月ジオウ
10月ヤカン
9月オオフルギョウ
8月サフラン
7月アロエ
6月ケンゴシ
5月セッコツボク
4月タラコンピ
3月ニンドウ
2月カシ
1月シツリシ
平成17年 (2005年)上に戻る▲
12月ジャショウシ
11月セキリュウヒ
10月ビャクシ
9月ブシ
8月コウボク
7月チョウトウコウ
6月ウコン
5月シャクヤク
4月カシュウ
3月サンソニン
2月ドッカツとキョウカツ
1月サンショウ
平成16年 (2004年)上に戻る▲
12月アセンヤク
11月トウガシ
10月チクジョ
9月モッカ
8月ケンジツ
7月テンナンショウ
6月アカメガシワ
5月ガイハク
4月リョウキョウ
3月ビワヨウ
2月ブシ
1月リュウガンニク
平成15年 (2003年)上に戻る▲
12月カッセキ
11月セキレンシとレンニク
10月マンケイシ
9月ヤクモソウとジュウイシ
8月ニンジンとコウジン
7月センブリ
6月トシシ
5月カノコソウ
4月センソ
3月ユウタン
2月コウベイ
1月セッコク
平成14年 (2002年)上に戻る▲
12月ガイシ
11月シャジン
10月エンメイソウ
9月ゼンタイ
8月コウイ
7月カッコウ
6月キンギンカ
5月ホコウエイ
4月ウヤク
3月ゴボウシ
2月サンザシ
1月キバンとベッコウ
平成13年 (2001年)上に戻る▲
12月ビャクゴウ
11月チョウジ
10月ジフシ
9月テンモンドウ
8月ホオウ
7月テンマ
6月ビャクシ
5月エンゴサク
4月オウヒ
3月センナ
2月トウヒ
1月セキショウズ
平成12年 (2000年)上に戻る▲
12月シコン
11月キクカ
10月ボレイ
9月トウガラシ
8月ケンゴシ
7月オウセイ
6月セキショウコンとショウブコン
5月ウコン
4月カンシツ
3月シテイ
2月カンゾウ
1月イレイセン
平成11年 (1999年)上に戻る▲
12月チモ
11月アキョウ
10月リュウコツ
9月ショウマ
8月トウジン
7月ケイガイ
6月チョレイ
5月トチュウ
4月セッコウ
3月オウギ (2)
2月タンジン
1月チョウトウコウ
平成10年 (1998年)上に戻る▲
12月ゴオウ
11月チクセツニンジン
10月ランソウ
9月ハッカ
8月シュクシャ
7月コウブシ
6月インチンコウ
5月クコ
4月ボウイ
3月カロコン
2月サンヤク
1月ケイヒ
平成9年 (1997年)上に戻る▲
12月リュウタン
11月タイソウ
10月ショウキョウ・カンキョウ
9月ハイショウ
8月モクテンリョウジツ
7月ボウコン
6月センコツ
5月レンセンソウ
4月バイモ
3月マクリ
2月マシニン
1月ナンテン
平成8年 (1996年)上に戻る▲
12月チクヨウ
11月ニンジン
10月エイジツ
9月ヨクイニン
8月ウバイ
7月ダイオウ (2)
6月ブクリョウ
5月インヨウカク
4月ロートコン
3月シンイ
2月セネガ
1月シャゼンシとシャゼンソウ
平成7年 (1995年)上に戻る▲
12月オンジ
11月アマチャ
10月キササゲ
9月ニガキ
8月ケツメイシ
7月ゴシツ
6月ソヨウ
5月オウギ
4月ソウハクヒ
3月ゴミシ
2月クジン
1月モクツウ
平成6年 (1994年)上に戻る▲
12月ガジュツ
11月サンキライ
10月ボウフウ
9月ジュウヤク
8月ゲンノショウコ
7月カゴソウ
6月サンシュユ
5月ゴシュユ
4月トウニン
3月キョウニン
2月サンシシ
1月サイシン
平成5年 (1993年)上に戻る▲
12月トウキ
11月センキュウ
10月オウレン
9月ハンゲ
8月コウカ
7月サイコ
6月ボタンピ
5月シャクヤク
4月レンギョウ
3月ビンロウジとダイフクヒ
2月キジツとキコク
1月チンピとセイヒ
平成4年 (1992年)上に戻る▲
12月ソウジュツとビャクジュツ
11月バクモンドウ
10月サフラン
9月キキョウ
8月ジギタリス
7月ウイキョウ
6月オウゴン
5月タクシャ
4月ジオウ
3月モッコウ
2月クズ
1月ダイオウ
平成3年 (1991年)上に戻る▲
12月マオウ
11月コウボク
10月オウバク

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【薏苡仁(ヨクイニン)】  平成20年09月15日号より

基源:ハトムギ Coix lacryma-jobi L. var. mayuen Stapf (イネ科Gramineae)の種皮を除いた種子

 「薏苡仁」は『神農本草経』の上品に収載されている生薬で、その薬効は「筋急し、拘攣して屈伸ができないものや、久風湿痺を治し、気を下す。」と記されており、麻黄杏仁薏苡甘草湯、薏苡仁湯などの処方に配合されています。「薏苡仁」はイネ科のハトムギ Coix lacryma-jobi var. mayuen の種皮を除いた種子を用います。また外殻(苞鞘)をつけたまま乾燥したものは「鳩麦(はとむぎ)」と称し、主に炒ったものを煎じて「鳩麦茶」として飲まれています。

 ハトムギはジュズダマ Coix lacryma-jobi L. の栽培型で、栽培の発祥地はインドから東南アジアにかけてとされています。中国には後漢の時代に馬援将軍がベトナムに遠征した際に持ち帰り伝えられたとされ、変種名の"mayuen"は将軍の名前に因んでつけられています。日本では、江戸時代享保年間に栽培が開始されたといわれており、近年では水田転換作物として栽培がすすめられています。2002年の国内年間生産量は約500トンで、国内需要の約6%が国産品でまかなわれています。ジュズダマも薬用になり、成熟果実を乾燥したものは「川穀(せんこく)」として「薏苡仁」の代用品として用いられます。また葉は「川穀葉(せんこくよう)」として民間で使用されます。ジュズダマは中国南部からインドシナ半島に分布し、日本には古くに伝わり栽培されていましたが、現在では帰化植物として民家に近い水辺のほとりなど湿った場所に生育しています。

 ハトムギとジュズダマの植物体はよく似ていることから、薬用とする場合には注意深く鑑定することが重要です。ハトムギとジュズダマの区別点は、前者では果実の外殻(苞鞘)が硬くならず、後者では硬くなり光沢を持つ点です。また前者では種子がもち性で噛むと歯に粘着するのに対し、後者ではうるち性で粘着しない点で異なります。『本草網目』の中でも李時珍は「一種は歯に粘るもので、尖っていて殻が薄い、即ち薏苡(ハトムギ)である。その米は色白く、糯米(もちごめ)のようなもので、粥、飯にもなり、また粉にして食べ、酒に醸すこともできる。一種は丸くて殻が厚く、堅硬なもので、即ち菩提子(ジュズダマ)である。ただ綴って経をよむときの数珠になるだけだ。」と2種の違いを明確に述べています。

 『本草網目』では、「薏苡仁」の主治は「脾を健にし、胃を益し、肺を補し、熱を清し、風を去り、湿に勝つ。飯として炊いて食べれば冷気を治し、煎じて飲めば小便熱淋を利す。」と記され、附方の項では、水腫喘急、沙石熱淋、消渇飲水、肺癰喀血などに用いる方を紹介しています。その中で、「薏苡仁」の服用方法として、煎じて飲む他に、ご飯あるいはお粥として食べる方法があることが記されています。現在でも「薏苡仁」は薬用とされる一方で、穀物として利用されることもあります。附方の項では、「薏苡仁飯」、「薏苡仁粥」が掲載され、「薏苡仁飯は冷気を治す。薏苡仁をよく搗いて飯として炊いて食べる。」「薏苡仁粥は、久風湿痺を治し、正気を補し、腸、胃を利し、水腫を消し、胸中の邪気を除き、筋肉の拘攣を治す。薏苡仁を末にし、粳米と共に粥に煮て毎日食べると良い。」「薏苡仁粥は、消渇飲水の効がある。」と記されています。

 日本の民間療法でも、「薏苡仁」をお粥として食べると、体の筋がこわばるのを治し、また糖尿病にもよいとされています。また日本で「薏苡仁」は疣取りの妙薬として有名で、1日分10〜15gを単味で煎じて飲む、あるいは同量の木賊と共に煎じて常にお茶のように飲むと効果があるといわれています。この他にも「薏苡仁」は、煎じて飲むと、滋養強壮の効があり、皮膚のつやもよくなるとされています。近年では、穀物としての価値も高く評価されており、「薏苡仁」を料理に使用して食べる人も増えているようです。『本草網目』には、疣取りについての直接の記載は見当たりませんが、水の滞りを去ることが疣や浮腫など体内の余分な水分を除くことにつながるようです。

(神農子 記)