ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【木香(モッコウ)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【木香(モッコウ)】  平成4年3月15日号より

=絶滅の危機に瀕する野生の Saussurea lappa

 木香は『神農本草経』の上品に収載され、芳香性健胃、整腸、利尿薬として、香
砂養胃湯、銭氏白朮散、木香散などの処方に配合されます。また、独特の芳香を
有し、薫香剤としても重用されてきました。

木香の原植物であるキク科のSaussurea lappa Clarke は、ギリシア医学の古典
『ディオスコリデスの薬物誌』にも"KOSTOS"という名称で収載されており、
アラビア産のものが最上で、インド産のものがそれに次ぐと書かれています。
S. lappaの原産地がインドの北部山地であることや、中国では古くから外来品
が使用されていることなどから、元々はアラビア地方で古くから使用されていた
薬物であると考えられています。

 ところで、Saussurea lappa はインド北部のカシミール地方やネパールの山地に
野生する植物で、前述のように古くから薬用あるいは芳香用に用いられてきまし
たが、その一方で、絶滅のおそれの高い種として、ワシントン条約で指定されて
いる貴重な植物です。

 ワシントン条約は正式名称を「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引
に関する条約」といい、絶滅のおそれのある野生動植物の保護を目的として、19
75年に発効され、日本は1980年に批准しました。規制対象種は約800種で、
これらを三段階に分類して取引を規制しています。

 ☆規制区分
  Ⅰ:絶滅のおそれの高い種で、商業取引を禁止
  Ⅱ:取引を規制しないと絶滅のおそれのある種
  Ⅲ:自主的な取引規制

 ワシントン条約で取引が規制されている動植物に関係する主な生薬には次のよう
なものがありますが、木香の原植物である Saussurea lappaは最も厳しい規制
区分Ⅰに属しています。

☆ワシントン条約で取引が規制されている動植物に関係する主な生薬
  熊胆、竜涎香、ジャコウ、羚羊角、虎骨、海狗腎、阿膠、犀角、鹿茸、鹿鞭、
  土鼈甲、広東人参、木香、蘇鉄、大戟、巴戟天、続随子、アロエ、白キュウ、
  石斛、天麻など。
  (注:規制の対象は、野生の動植物で、繁殖を含む完全な人工飼育あるいは人工栽培によっ
て得られたものは規制を受けない。)


 このように生薬は天産物に由来することから、ともすれば濫獲のために原植物
(原動物)を絶滅に追いやってしまう可能性を秘めています。したがって、我々は、
生薬を十分に活用していくのと同時に貴重な天然資源を失わないよう十分配慮
していく必要があります。

 なお、中薬大辞典によれば、現在中国では、Saussurea lappa が雲南、広西、
四川で栽培され、この栽培品に由来する雲木香と、同じキク科のVladimiria
植物に由来する越西木香、川木香などが木香として市場に出回っています。