ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【肉蓯蓉(ニクジュウヨウ、ニクジュヨウ、ニクショウヨウ)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【肉蓯蓉(ニクジュウヨウ、ニクジュヨウ、ニクショウヨウ)】  平成27年4月10日号より

基源:ハマウツボ科(Orobanchaceae)の ホンオニクCistanche salsa (C. A. Mey.) Beck, C. deserticola Y. S. Ma, カンカニクジュヨウC. tubulosa (Schenk.) R. Wight のりん片を付けた肉質茎

 ハマウツボ科という寄生植物で構成される分類群があります。日本に分布する種類ではカワラヨモギに寄生するハマウツボやススキなどに寄生するナンバンギセルなどがあります。この科に属する植物は寄生元から養分を得るため、植物体には葉緑素がなく黄色や白色を帯びています。葉は退化して小さな鱗片状になっています。花は両性花で先が5裂する筒状の唇形花、その後、さく果が結実し細かい種子ができます。

 肉蓯蓉はハマウツボ科 Cistanche 属植物に由来する生薬です。原植物は日本には分布がなく、中央アジアからシベリア、モンゴル、中国北西部の砂漠地帯に分布しています。アカザ科の植物などに寄生します。この属は多肉質で肥厚した茎を有し、高さ1メートルに達するものもあります。多数の花がこの円柱形の茎に穂状花序を作って密生します。この奇妙な植物形態は古来の本草家を悩ませてきました。

 『神農本草経集注』には「これは馬の多い處にあるもので、野馬の精液が地に落ちてそれから生ずるものだという」と記載される一方、『日華子諸家本草』には「勃落樹の下や土塹の上に生ずるもので、馬の交尾し得る處ではない。陶氏(神農本草経集注)の説は誤っている」と反論も見られます。『図経本草』では「舊説に、野馬の遺した精滴から生ずるものだというが、現に西方の者の話では、大木の間、および土塹や垣の中に多く生ずるというのだから、これはやはりそうした別の一種類の植物があるものと見える。或はそのものの発生の初期は馬の精瀝から生じ、その後植物として繁殖したものか、」との記載があり、植物という認識に落ち着いたようです。

 肉蓯蓉の真の正体はともかく、入手困難な高価な生薬であり、それゆえ偽品も存在したようです。『本草綱目』では「震享曰く」に続けて「蓋し蓯蓉は手にいれることの甚だ稀なもので、世間では多く金蓮根を塩盆の中で加工して擬物を作り、又、草蓯蓉をこのものと擬称する場合が多いから、使用するには余程慎重な吟味を要する」、また「嘉謨曰く」に続けて「今世間では松の若芽を塩で潤して贋物を作っている」との記載があります。

 肉蓯蓉は古来、強壮・強精作用に優れた生薬でした。『神農本草経集注』には「五労、七傷を主治し、中を補い、茎中の寒熱痛を除き、五臓を養い、陰を強くし、精気を益し、子多からしむ。婦人の癥瘕を治す」とあり、『日華子本草』には「男子の絶陽で興奮せぬもの、婦人の絶陰で妊娠せぬものを治す。五臓を潤おし、肌肉を長じ、腰膝を暖める。男子の洩精、血遺瀝、婦人の帯下、陰痛を治す」とあります。『本草綱目』には肉蓯蓉という名称の由来も合わせて「この物は補の功用があって而もそれが峻烈でないところから從容なる名称がある。從容とは和らぎ緩やかなるの形容である」と記載しています。

 肉蓯蓉は春または秋に採集されたものから調製されます。3月が良く、これより遅くなると中空になるそうです。春に採集したものは砂中に半分埋め、晒干しし「淡大芸、甜大芸」という名称に、秋のものは水分が多いため塩湖中に1〜3年漬けておき、これ晒干ししたものを「塩大芸、鹹大芸」という名称にされています。後者を薬用にする際には水に浸し、1日1〜2回水を換え、塩分がなくなるまで洗い去ります。日本に輸入されている肉蓯蓉は「淡大芸」の方です。太くて堅実で、鱗片葉で密に覆われ、褐色で、質は柔らかく潤いのあるものが良いとされてきました。産地は内モンゴル自治区が生産量最大で、甘粛、新疆、青海などでも生産されています。

 肉蓯蓉に対して草蓯蓉という生薬があります。草蓯蓉も同じくハマウツボ科に属するオニク(別名キムラタケ)Boschniakia rossica の肉質茎に由来する生薬です。オニクは日本にも分布することから、誤って肉蓯蓉の原植物に充てたこともありましたが、和肉蓯蓉と称して代用にされています。富士山のオニクは有名で、以前は強壮・強精目的で売られているのを見ることができました。

 

(神農子 記)