ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【ロートコン】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ロートコン】  平成8年04月15日号より

基源:ハシリドコロ Scopolia japonica Maximowicz またはその他同属植物(ナス科 Solanaceae)の根茎及び根

 一般にアルカロイドは生理活性が強く,アヘン末のモルヒネ,黄連・黄柏のベルベリン,麻黄のエフェドリンのように局方中でその含量が規定されているものが多い。今回のロートコンも『日局 12』で「本品を乾燥したものは定量するとき,総アルカロイドとして 0.29%以上を含む」と規定される一方,毒性が強いので劇薬に指定されています.

 1826年,江戸時代末期,長崎から江戸へ向かっていたシーボルトは,尾張国一宮にさしかかった時,ハシリドコロを見てヨーロッパの「ベラドンナ」と同一植物であると勘違いし,人々に間違って教えてしまいます。ところが,当たらずも遠からずで,ハシリドコロにも「ベラドンナ」と同じような効果があり,思いがけなく新薬物資源の発見につながりました.その後,1887年に長井,E.Schmidt がハシリドコロからアトロピン,スコポラミンを発見し,ベラドンナ根に代用できる生薬として『日局2』から収載されました.

 春先の芽生えは柔らかくおいしそうに見えるのか,誤食による中毒のニュースは後を断ちません.平賀源内は『物類品隲』(1763年)に「莨  --- 誤って之を食えば狂走して止まらず,故にハシリドコロという」とこの中毒症状がそのまま和名になったことを記しています.実は「莨 」はヒヨスのことで,源内も中国本草における「莨 」とハシリドコロの植物形態の違いを述べてはいますが,この時以降,ハシリドコロに「莨 」を当てるという間違いが生じ,今に至っています。

 食中毒物質の本態はトロパンアルカロイドで,季節による含量に大きな変動があります.アルカロイドの総含量は発芽期の3月〜開花期の4月にかけて最高となり,その後次第に減少し,秋から冬11〜12月頃最低となります.採集はアルカロイド含量の安定した5〜6月ごろ,茎葉が枯死する前に地下部を掘り採り,ひげ根を去り水洗し,筵に広げて陽乾して調製します.主成分のヒヨスチアミン,アトロピン,スコポラミンなどのアルカロイドは,植物体内では -ヒヨスチアミンとして多く存在しますが,生薬やエキス調製時には多くは毒性の弱まったアトロピン(d -ヒヨスチアミン)に変わっています。

 ハシリドコロは,日本固有の有毒植物の一種で,本州,四国,九州の樹陰に自生し,結実後6月頃には地上部は枯死してしまいます.北海道には自生しませんが,北海道で栽培しますと秋まで葉は枯れず,地下部も著しく肥大するところから,寒地適応型の植物である事が予測され北海道での栽培の可能性を示しました.しかし実際には栽培試験の結果,アルカロイド含量が局方規定値よりもはるかに低いものが収穫され,生薬としての品質には問題があるようです.

 現在,日本産はほとんど産出されず,韓国や東ヨーロッパ,さらに中国から輸入し,専らロートエキスとして,胃痛,胃痙攣,肛門疾患の鎮痛・鎮痙に応用されています。

(神農子 記)