ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【粳米(コウベイ)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【粳米(コウベイ)】  平成15年02月15日号より

基源:イネOryza sativa L.(イネ科Gramineae)のもみ殻を去った玄米。

 最近は医食同源あるいは薬食同源の言葉があちらこちらで聞かれるようになりました。例を挙げるまでもなく,実に多くの食材が実際に薬用として病気の治療に用いられています。食材と言えども薬用とされるものの多くは少々癖のある味を有しているものですが,逆に癖がなくて最も食材らしい食材であって薬用に供されるものといえばコメでしょうか。

 薬用としてのコメは,『名医別録』中品に「粳米」の名で「味,甘,苦,平,無毒。気を益し,煩を止め,洩を止める」と記載され,また下品に「稲米」の名で「味苦,中を温め,熱多く,大便を堅くする」と記載されました。ここで言う稲米とは,李時珍が「稲(ト)とは,粳(ウルチ)と糯(モチ)の通称である。しかし,本草では専ら糯を指して稲という」と記しているように糯米(モチゴメ)のことです。ここで分かるように,現在われわれはコメはいくら食しても害のないものと考えていますが,三品分類に従うと,うるち米はいわゆる"保健薬"であり,もち米にいたっては"毒多く専ら治療薬"の範疇に入れられていると言うことです。

 コメはイネの実です。イネの原産地については,アッサム・雲南などのヒマラヤの山麓説が有力ですが,長江の中・上流とする説もあります。いずれにせよ,中国では古くから栽培され,その起原は6000年ほども前にさかのぼるようです。品種改良が繰り返されて現代にいたっていることはよく知られていますが,古来大きく粳種と糯種に別れていたことは今と変わりません。

 現在,一般に漢方生薬として利用されるのはもっぱら粳米の方です。清熱剤である「白虎湯」や「竹葉石膏湯」,また虚弱体質者の感冒後の長引く咳などに用いられる「麦門冬湯」に処方されています。粳米は他の同効生薬と比べると,中を和して胃を養う,すなわち滋養強壮の働きをも有している点に特徴があります。

 粳米の性質について,李時珍は「北方産は性が涼であり,南方産は温である。赤粳は熱であり,白粳は涼である。六,七月に収穫したものを早粳といい食料にする。八,九月収穫のものは遅粳,十月に収穫したものは晩粳と呼ばれる。北方では気候が寒く,八,九月に収穫したものでも性は涼であるので薬用にされるが,南方では十月の晩粳だけが性が涼であり薬用にされる」と記しており,土地の気候や収穫時期によって性が異なること,また性が涼のものが薬用に適していることがわかります。これは「遅粳と晩粳米は色が白く,肺に入って熱を解す」と記されていることに関連していると考えられます。

 一方の糯米は『名医別録』下品に「熱多く,大便を堅くする」とあるように,熱性があり,腸管内を乾燥させて大便を硬くする作用があります。便秘ぎみで兎屎のようなころころとした大便の人には要注意の食材です。また,性が温であるため,中国では本来性質が熱である小児や,陰が虚して腸管に熱を持ちやすい老人には不向きな食材とされています。逆にこの作用を利用して,韓国では民間的に虚弱や冷えなどによる下痢に糯米の粥を煮て食します。粳米にも下痢を止める作用がありますが,下品の糯米はさらにその作用が強いと言うことでしょう。また胃腸が弱い人は,糯米の粘滞質で消化し難い性質にも要注意です。

 コメは毎日食するものだけに,その薬効的な片寄りに注意する必要があるかもしれません。性質が"平"ですから万人向きの食材に違いありませんが,過食して脾胃を補い過ぎるのは考えものです。胃腸が丈夫で肥満ぎみの人はとくに白米の過食に注意すべきでしょう。

(神農子 記)