ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【蘇葉(ソヨウ)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【蘇葉(ソヨウ)】  平成7年06月15日号より

基源:シソ Perilla frutescens Britton var. acuta Kudo 又はその他近縁植物(Labiatae シソ科)の葉および枝先である。

 シソの葉は梅干作りに欠かせない材料で、われわれ日本人にとって日常生活でたいへん馴染みの深い植物です。また、青シソの葉が刺身に添えられるのはその殺菌作用をうまく利用したものであることも良く知られており、解毒作用が有るとも言われます。今でこそ単なる飾りになってしまっていますが、昔は魚介類による中毒が多かったものと思われ、シソの葉は欠かせないものであったに違いありません。

 薬用としてのシソは『名医別録』に「蘇」の名前で初めて収録されました。同書には「とりわけ其の子が良い」と種子の効果が優れていることが記されています。その後、陶弘景は「葉の下面が紫色で気が甚だ香るものだ。紫色でなく香気もなくて荏(エゴマ)に似るものは野蘇で、使用に耐えない。その種子は主に気を下す働きがあり、橘皮と同じ治療効果がある」とし、やはり薬用には種子を用い、葉についてはまったく触れられていません。葉の効能が明記されるのは宋代の『図経本草』です。「蘇とは紫蘇のことで(中略)夏に茎葉を採り秋に実を採る。茎と葉は心経を通じ脾胃を益する。煮て飲用するのがもっとも優れ、橘皮とともに気剤の中には相宜しく之(茎葉)が多く用いられる。実は(種子)上気咳逆をつかさどり、研じた汁を煮て用いるのがもっとも佳」とあり、茎葉と種子では薬効が異なることも記されています。これはすなわち「蘇」を神経症に用いるには茎葉が、逆上(のぼ)せに用いるには種子が優れていると解釈できます。

 さて、現在わが国では薬用にはもっぱら葉を利用し、種子(蘇子)はあくまで代用品として取り扱われています。しかし、蘇子の方が薬効が安定しているので使いやすいとする意見も有ります。それほど葉の気は抜けやすいものです。

 葉類生薬は一般に新鮮なものが良いとされます。乾燥して保存するうちにシソ特有の香りが徐々に薄くなることからしても、薬効も徐々に劣ってくるものと考えられます。そうなれば保存期間の長さ(新旧の程度)によって使用する量を変化させねばならないのでしょうか。ただ、先にも書きましたように、葉と種子では本来薬効が異なるようです。実際、種子にはシソ特有の香りはほとんどありません。

 また、シソの仲間には多くの品種があります。本草書にある「葉の下面が紫色」をしたものはカタメンジソと呼ばれる品種で、昨今は両面が紫色をしたシソや葉の縮れたチリメンジソが最良品であるとされています。なお精油の主成分であるペリラアルデヒドの臭いが強いものほど良品であるとされるのは昔から変わっていません。

 いずれにせよ「蘇葉」は数少ない気剤の一種です。紫色が茶色く変わり香りの薄れたものに薬効は期待出来ないと考えられます。身近で安価な薬物であるからこそ、常に新しいものを準備して利用したいものです。とは言え、一年草のシソの葉が収穫できるのはほんの1シーズンに限られます。我々も収穫後の保存には十二分に気を使っています。

(神農子 記)