ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【莪朮(ガジュツ)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【莪朮(ガジュツ)】  平成6年12月15日号より

基源:ガジュツ Curcuma zedoaria Roscoe (ショウガ科 Zingiberaceae) の根茎を,通例,湯通ししたもの.

 「莪朮」はもとはインド薬物で,中国では唐の『薬性論』に「蓬莪茂(ほうがしょく)」の名で収載されました.わが国では3局以来収載されており,薬味・薬性が苦・辛・温で,芳香性健胃薬,駆 血薬として使用されています.

 薬用部である根茎は短く分岐して重なり合い,個々は卵形で表面に輪節があります.精油を約1%含み,その主成分は cineol で特異な臭いを有し,また熱湯に浸したのち乾燥するのででんぷんが固化しとても堅くなっています.

 中医学では, 醋炒すると止痛消 の効能が強まる, 「莪朮」と「三稜」は,効能が似ており破血行気・消積止痛に働くが,行気には「莪朮」が優れ,破血には「三稜」が優れているとされます.最近では単味あるいは「三稜」とともに注射剤を作り子宮頸癌,外陰癌,皮膚癌,口唇癌に使用し,一定の効果が認められたとする報告もあります.また,「莪朮」の薬性はあまり激しくありませんが破削の薬物であるので,「破 しても元気を損傷しないように等量の人参か党参や黄耆を配合すべきだ」とする考えもあります.

 ガジュツの栽培はインド,スリランカ,中国南部,東インド諸島で行われています.日本でも屋久島,沖縄,奄美大島などで少量栽培されているようですが市場性はなく,ほとんど輸入に頼っており,年間300トンぐらいの需要があります.なお,『中葯志』には中国産で従来 Curcuma zedoaria と同定されてきたものの多くは C.aeruginosa または C. kwangsiensis であったとし、現在では前者に中国名「莪朮」をあてています。故に,この説を取るなら,中国産「莪朮」には日局適合品がないことになります.同書にはこれら2種以外にも C.wenyujin,C.sp(川鬱金)などが原植物として記載され,また『中華人民共和国薬典 1990年』には C.phaeocaulis,C.kwangsiensis,C.wenyujin と少々学名の異なる3種が原植物として規定され,今だに原植物の学名に混乱がみられます.これは本属植物の地上部が互いに非常によく似ているためです.

 現在,広西省産の「広西莪朮」が産量大で,個体の大小が揃った,質が堅実で光沢のある,断面が帯黄緑色の,髭根のない品を良品とします.淅江省産の「温莪朮」は加工して片姜黄と称し「姜黄」としても市販されるとのことです.なお,中国では莪朮類の根の膨大部を「鬱金」(郁金は略字,玉金は同音の当て字)と称し薬用としていますが,わが国では使用されていません.

 今年6月23日に『公定書収載生薬の基原及び性状の検討会』が行われました.ショウガ科生薬の基源の混乱(欝金,莪朮,良姜など)についても検討され,「南越国境紛争により流通が途絶え,中国南方各省の代用品が使われだしたことが今の混乱につながっている」,また「東南アジア・インド原産の生薬を原産国に求めずに,混乱している中国に求めたため日本市場でも混乱をきたしているようだ」という見解がなされました.また「莪朮」の市場調査結果からも,「市場品の8品は,断面の色が灰褐色でないもの4品(緑黄色,鮮黄色),そのうち2品は小形(長さが4 以下)であった.中国からの輸入品は日局の C.zedoaria Roscoe とは異なる植物の『中華人民共和国薬典 1990年』の C.phaeocaulis,C.kwangsiensis,C.weyujin,そのほか,C.longa,C.aromatica の5種類が混入している可能性がある」と警告がなされました.

(神農子 記)