ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【アラビアゴム】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【アラビアゴム】  平成26年7月10日号より

基源:マメ科(Leguminosae)のアラビアゴムノキAcacia senegal Willd. の幹及び枝からの分泌物を乾燥したもの.

 アラビアゴムノキAcacia senegal Willd. はアフリカ原産で,6m程度にまで成長する棘の多いマメ科の木本植物です.アラビアゴムが属するアカシア属は,新エングラー分類体系ではマメ科(Leguminosae)ですが,クロンキスト体系ではネムノキ科(Mimosaceae)に属し,また,DNA解析による被子植物系統グループ(APG)の最新の分類(APGⅢ))ではマメ科(Fabaceae)に入れられます.このアカシア属やオジギソウ属の植物は,新エングラー体系ではネムノキ亜科に分類され,マメ亜科に特徴的な蝶形花とは異なり,10本以上の雄蕊が目立つ放射相称の花を有します.

 アカシアといえば蜂蜜や並木などが思い浮かびますが,そのアカシアはニセアカシアRobinia pseudoacacia L.(ハリエンジュ)のことで,アカシア属ではありません.一方,アカシア属のフサアカシアやギンヨウアカシアのことを「ミモザ」と呼ぶことがありますが,本来ミモザはオジギソウ属の名(Mimosa)で,異なる一群です.

 アラビアゴムは日本薬局方には初版(JP1)から収載され,現行の第16改正日本薬局方まで継続収載されています.医薬品としての主たる用途は,丸剤や錠剤の結合剤です.アラビアゴムノキから得たものが正品ですが,以前は他のアカシア属植物や近縁植物から得られたものも流通していたとされ,Vachellia seyal (Del.) P.J.H.Hurter, V. horrida (L.) Kyal. & Boatwr, V. nilotica (L.) P.J.H.Hurter & Mabb. (=Acacia arabica), Acacia gummifera Willd. などの分泌物も用いられていたようです.薬用としては,乳化剤,安定剤および結合剤の他に,皮膚の軟化薬や皮膚や粘膜の保護など,また皮膚感染症に用いられることもあるようです.

 アラビアゴムの別の重要な用途は接着です.植物の腊葉標本を作製する際に,植物体を台紙に固定する紙の接着剤として使ったことがある方も多いのではないでしょうか.また,顕微鏡のプレパラートの封入剤の基材として用いられることもあります.天然由来でのり(糊)に用いられるのものとしては,デンプンやアラビアゴムなどの多糖類,トウダイグサ科の植物パラゴムノキHevea brasiliensis (Willd. ex A.Juss.) Müll.Arg. などから得られるイソプレンなどの天然ゴム,ニカワやゼラチンなどのタンパク質,アスファルト(炭化水素類)などがあります.接着の機構については諸説がありますが,多糖類の場合,紙などの繊維間に入り込んで絡み合わせてとめるという説がもっともらしく聞こえます.多糖類やニカワはお湯などで処理すれば簡単にはがすことができ,素材を傷めません.バイオリンなどの弦楽器の組み立てにニカワが使われるのも,後に修理することを考えてのことだそうです.このように接着剤は近年の合成接着剤をも合わせ,用途に合わせて使い分けられています.

 アラビアゴムの接着性は,アラビアゴム全体の90%を構成するアラビノガラクタン(アラビノースとガラクトースで構成される多糖類)によるものと考えられます.トラガント(マメ科の植物Astragalus gummifer Labill. や他の同属植物の幹から得た分泌物)やモモなどサクラ属(Prunus)植物の幹からの分泌物にも同様に多糖類が含まれています.一方,アラビアゴムは高い接着性のほかに乳化性を示すことも知られています.アラビアゴムの乳化剤としての性質はAGP(Arabinogalactan protein complexアラビノガタクタンタンパク複合体)に由来するとされています.AGPはアラビノガラクタンがタンパク質のヒドロキシプロリンに富む部位に結合したもので,糖鎖の割合は分子量ベースで90%程度だそうです.

 アラビアゴムのこの乳化性と接着性を利用して,食品添加物として増粘多糖類や増粘安定剤などの表記でレトルトのソースやドレッシングなどに加えられています.また,皮膜を形成する性質もあり,あられやふりかけにも用いられています.このようにアラビアゴムの名は余り実生活では目や耳にしないものですが,実際は医薬品・接着剤・食品と多岐にわたり重要な役割を果たしているのです.

 

(神農子 記)