ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【薤白(ガイハク)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【薤白(ガイハク)】  平成16年05月15日号より

基源:ラッキョウAllium chinense G.Donユリ科(Liliaceae)の鱗茎を湯通しして乾燥したもの

 薤白は,日本薬局方には収載されていません。『中華人民共和国Allium macrostemon BungeノビルおよびA.chinense G.Donラッキョウの鱗茎を夏と秋に採集し,洗浄後,蒸すか茹でてから乾燥すると収載されています。

 薤は『神農本草経』中品に「味は辛。金瘡や瘡敗を主治し,身を軽くし,飢えることなく老に耐える」と収載されました。また『名医別録』には,「味は苦温で,無毒。骨に帰す菜芝である。寒熱を除き水気を去り中(胃腸)を温め,結を散じ,病人を利す。諸瘡の風寒に中ったものや水腫にこれを塗る。魯山の平澤に生ずる」と追記され,内・外用されていたことが窺えます。薬用部位については,『図経本草』に「青い部分を去り,白い部分だけを用いるべきものである。白い部分は冷だが青い部分は熱である」と記され,このことから地上部を除き,白い鱗茎のみを用いることがわかります。生薬が薤白と呼ばれる所以です。なお,『新修本草』には「薤には赤白の二種があり,白は補い美味しく,赤は金瘡や風苦を主治し,無味である」と記載され,やはり古来白いものが好まれていたようです。

 現代中医学では,行気薬に分類され,通腸散結,下気行滞に働き,とくに「胸痺の要薬」とされます。配合処方として,『傷寒論』に収載されている,胸痺して痛みが心,背に徹するのを治す「括樓薤白白酒湯」などがよく知られています。また,単味で用いる方法として,李時珍は種々の文献を引用して,中悪による卒死に薤汁を鼻中に潅入すること,霍乱嘔吐が止まない時は水で煮て頓服すること,また犬などに噛まれたときには搗汁を内服し,塗布すると効果があることなどを記しています。内・外用するという点では古来の薬効が踏襲されてきたと言えます。

 Allium属植物,いわゆるネギの仲間は世界に約400種が知られる大きな属で,昔からニンニク,ニラ,ラッキョウ,ネギ,タマネギ,アサツキなど,様々な種類が香辛料(薬味・スパイス)や薬用にされてきました。中でも中国ではラッキョウの他にも,ニンニクは大蒜,ニラは韮菜子,ネギは葱白の生薬名で薬用にされてきました。これらのネギ類はその独特の臭気から葷菜といわれ,共通して化学式の中にSが入ったアリル化合物を含有しており,これが薬効にも関与しているとされます。

 ラッキョウは中国原産で,日本へ渡来した正確な時期は不明ですが,平安時代の『和名本草』には和名於保美良(オオミラ)と記されています。江戸時代になって,『和漢三才図会』,『用薬須知』,『一本堂薬選』など種々の書物に記載が見られるようになり,「歯音ありて気味面白きもの」と江戸時代の庶民の間では漬物のほかにも,煮物としても食べられ,親しまれていたそうです。また,このころには広く栽培されていたことが知られて居ます。瘠せた土地でも生育し,砂丘地での栽培も可能であることなどから,今では福井県三国町や鳥取砂丘で産したラッキョウが有名です。

 さて,ラッキョウの酢漬けといえばカレーライスにつきものですが,ルーツの異なる両者がどのような経緯で結びついたのか不思議です。実に相性がよさそうですが,これにはラッキョウの胃腸を温める作用が関係しているのかも知れません。カレーの香辛料の多くは身体を冷やすので,激辛カレー等を食すると胃を害することが多いですが,ラッキョウがこれを防いでくれていることも考えられるわけです。

 余談ですが,ラッキョウは小粒のものほどカリカリとして美味で,値段も高くなっています。これは,実は大きなラッキョウは栽培2年目のもので,3年目になると鱗茎が小型化してより美味になるからで,すなわち,小型のものは栽培年数が長いと言うことです。もちろん,小さいだけに加工に手間もかかっています。

(神農子 記)