ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【胡荽子(コズイシ)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【胡荽子(コズイシ)】  平成30年4月10日号より

基源:セリ科(Umbelliferae)のコエンドロ Coriandrum sativum L. の成熟果実

 最近、パクチーという野菜が知られるようになりました。パクチーはタイ語で、タイで一般的に使用されている独特の香りがある野菜の一種です。この植物は、日本では一般に「コエンドロ」と称されてきました。これはポルトガル語の「コエントロ」が訛ったもので、英語名は「コリアンダー」です。一般に知られるスパイスのコリアンダーは果実のことで、これが生薬「胡荽子」です。地中海東部原産とされ、現在では東南アジアのみならず、世界で最も広く栽培使用されている植物の一つとなり、とくにインドやイラン、ロシア、中南米などで果実採取を目的に大量に栽培されています。1年生草本で茎は直立し高さ 30 〜 80 cmで、根出葉は羽状に分裂し裂片は扇形になります。この葉がパクチーです。長く伸びた茎の上部につく葉は2〜3回羽状に深裂し、裂片は線形になります。開花は播種の時期にもよりますが4〜7月に小さな白い花を複散形花序状に咲かせ、その後7〜9月に結実します。

 コエンドロは古くから薬用にされてきた植物です。古代エジプトのエーベルス・パピルスに記載があるほか、医学の父ヒポクラテスは『誓い』において「胸焼けを防止し催眠薬にもなる」と記載しています。中国では紀元前126年に張騫が西域から持ち帰ったとされることから「胡荽」と称されています。『本草綱目』では『農書』を引用して「胡荽は蔬菜中でも子と葉といずれも用い得るもので、生、熟いずれでも食える。甚だ世に益あるものだ。肥地に植えるが良い」と紹介され、古代中国でも古くから栽培して果実や葉を利用していたことがわかります。現在でも中国では若い葉を「香菜(シャンツァイ)」と称して薬味として多用しています。日本では『延喜式』に記載が認められますが、その強烈なにおいのためかほとんど利用されませんでした。この植物の葉は匂いや味に特徴があり、カメムシに似ているとも言われています。

 胡荽子は直径3 mm程の球形です。2つの分離果が合生した状態になっているのはセリ科植物の果実の特徴ですが、形は同じセリ科の果実類生薬であるフェンネル(茴香)やクミン、アニスなどの長楕円形とは大きく異なります。褐色または淡褐色で先端は柱頭の後がわずかに残り、基部は時に小果柄が残っています。先端から基部を結ぶ稜線が認められます。甘くオレンジの様なさわやかな風味があり、香りは多く含まれるリナロールに由来し、スパイスとして肉料理やピクルス、パンなど多岐に渡り利用されています。薬用として使用される場合も矯味薬、芳香性健胃薬として利用されます。

 『嘉祐本草』には全草の薬効として「穀物を消化し、五臓を治し、不足を補い、大小腸を利し、小腹の気を通じ、四肢の熱を抜き、頭痛を止め、痧疹(発疹の類)を療ず。豌豆瘡の出ぬものは酒にして飲めばたちどころに出る。心竅に通ずるものだ。久しく食すれば人をして多くを忘れさす」と記載されています。『本草綱目』では果実、すなわち胡荽子の薬効として「痘疹を発し、魚腥を殺す」と記載されています。実際、胡荽子は健胃、発表薬として消化不良、麻疹が発透せず不快なときなどに用いるようです。また歯痛には煎じ液で含嗽したり、痔瘡脱肛には焼いて患部を燻すとされています。

 パクチーは少量を料理の付け合せとして各地で使用されてきた薬味です。近年の日本では多量を食べる人がいるようですが、『本草綱目』では「凡そ一切の補薬及び薬中に白朮、牡丹のあるものを服したものはこれを食ってはならぬ」、また古代中国の三国時代の医師である華佗の言葉として「口臭や脚気、金瘡(刃物による傷)の人はいずれも食ってはならぬ。病が更にますます甚だしくなる」と記載しています。一時のブームに乗じて適量以上に食べるのは避けたほうが良さそうです。

 

(神農子 記)