ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【トコン(吐根)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【トコン(吐根)】  平成27年6月10日号より

基源:アカネ科(Rubiaceae)の Cephaelis ipecacuanha A. Richard 又は C. acuminata Karstenの根及び根茎

 トコン(吐根)は南アメリカの先住民の間で古くから催吐剤としてやアメーバ赤痢の治療に使用されていた薬草です。種小名の「ipecacuanha」は、トゥピ族の「吐き気を催す草」を意味する現地名をポルトガル語化したものです。1570〜1600年間にポルトガルからブラジルに派遣された宣教師によって、土着民の間で疫病に使用されている薬草としてヨーロッパに紹介されました。ヨーロッパでは、元オランダ人の山師で、後にパリの医師となったアドリエン・エルベチウスがトコンを用いた処方によりルイ14世の王子らの赤痢を治療し、有効性を実証しました。それを切っ掛けにルイ14世がその処方を買い取り、赤痢の治療のほか、吐剤や去痰薬として世に広めたと伝わっています。

 トコンの一原植物であるCephaelis ipecacuanha(ケパエリス イペカクアンハ)は、ブラジル奥地の高温多湿な熱帯多雨林の薄暗いジャングルの中に自生します。目立たない草本生小低木で、高さは10〜40 cm、下部の茎は木質化して横走します。葉は倒卵状楕円形で長さ5〜9 cm、茎の頂端の葉腋に10〜12個の花を頭状につけます。花は白色合弁、先端が5裂する小さなものです。果実は楕円形で長さ約1 cm、紅色から後に黒熟します。根は一部が肥厚して数珠状になり、太さ約 5 mmでところどころに細い平滑な根があります。この根だけが薬用成分を含み、数珠状の部分を乾燥させたものがトコンです。このものは Rio de Janeiro 港から輸出されることからRio ipecac (リオ吐根)と称されます。もう一種の原植物であるC. acuminataは南米コロンビア原産で、中南米で栽培されています。産地によりCartagena ipecac(カルタゲナ吐根)や Nicaragua ipecac(ニカラグア吐根)などと称されますが、Rio ipecac よりCartagena ipecacの方が根が大きくアルカロイド含量も多いようです。

 薬用部位を秋から冬にかけて採集した後、天日乾燥して生薬にします。屈曲した長さ3〜15 cm、径0.3〜0.9 cmの細い円柱形で、多くはねじれ、不規則な輪節状になり、ときに分枝します。外面は灰色、暗灰褐色又は赤褐色です。根茎に由来する部位は円柱状で、対生する葉跡が認められます。弱いにおいがあり、トコン末は鼻粘膜を刺激し、苦く、辛く、不快な味がします。長さが揃い、突起物やひげ根がなく、外面が淡黄色、内面が白味を帯びているものが良品とされます。

 トコンの成分研究はフランスの化学者であり薬学者である、ピエール・ジョセフ・ペルティエと、同じくフランスの生理学者、フランソワ・マジャンディーの2人によりなされました。1817年のイソキノリンアルカロイドであるエメチンの単離は植物からのアルカロイド研究の草分けとなりました。彼らはその後のストリキニーネやキニーネ、カフェインなど今なお使用され続ける医薬品の単離にも関与しています。

 研究が進み、トコンのアメーバ赤痢に対する治療効果は含有するエメチンやセファエリンによるものであることが明らかになりました。抗アメーバ性のメカニズムも明らかになり、2タイプの赤痢のうち細菌性に対してはほとんど効果がないことも説明がつきました。

 トコンは現在でも多くの国の薬局方に収載されています。アメーバ赤痢に使用される他、優れた催吐作用があり、適量の使用により知覚神経抹消を刺激し胃粘膜を刺激して内容物を全て吐き出させることができます。また、より少量での使用は気管粘膜の分泌を促進して去痰作用を示すことから、現在も気管支炎などの治療に使用され、生薬としても、また単一化合物エメチンとしても使用されています。それにしても、熱帯ジャングルの中の目立たない植物の根がアメーバ赤痢に有効であることを発見した陰には、ブラジルの先住民たちの薬用植物探索における地道な試行錯誤があったことが容易に想像されます。まさに、ブラジルにも神農が居たと言えそうです。

 

(神農子 記)