ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【艾葉(ガイヨウ)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【艾葉(ガイヨウ)】  平成19年07月15日号より

基源:ヨモギArtemisia princeps Pampanini,ヤマヨモギArtemisia montana Pampanini(キク科Compositae)の葉及び枝先

 艾葉は『名医別録』に「味苦,微温,無毒。灸をすえることにより百病を主治し,煎じて用いれば,下痢,吐血,下部のチク瘡,婦人の漏血を止め,陰気を利し,肌肉を生じ,風寒を退け,人に子をつかわす。一名氷台,医草。田野に生じ三月三日採集後,暴乾し煎じて作る」と初収載され,古来,艾葉で灸治療が行なわれてきたことがうかがえます。原植物のヨモギの下面の綿毛を集めて「もぐさ」が製されます。

 採集時期について,『名医別録』では三月三日とされますが,梁代の『荊楚歳時記』では五月五日の鶏が鳴く前に採集するとされています。『図経本草』では三月三日と五月五日,李時珍は五月五日としています。また,『中華人民共和国薬典2005年版』では,夏季の開花前と規定されています。

 採集時期が異なると何が違うのか,1998年,日置らにより自生品艾葉の香気成分における季節変動が報告されました。4月上旬,4月下旬,8月に京都市伏見区で採集された艾葉および市場品艾葉を試料として,ヒトによる嗅覚試験と封管法により分離された香気成分の分析・同定が行われました。

 嗅覚試験の結果,4月上旬採集品は青臭い・生臭い・艾の香りは弱い,4月下旬採集品は若葉の匂い・艾の香りがある,8月採集品では艾の香りが強い,と認識されました。さらに,GC/MSのスキャンモードでの分析の結果,試料間においてピーク特性に相違が見られました。4月上旬採集品に見られたピークから複数のピラジン環を持つ化合物,ピリジン,ピリミジンなど含窒素異項環化合物10成分が同定されました。一方,4月下旬採集品と8月採集品,市販品においては,確認された含窒素異項環化合物は2あるいは3成分のみであり,4月上旬採集品には見られなかった保持時間位置に共通して大きなピークが見られ,それはモノテルペンと同定されました。

 採集時期によって異なる香りの違いは成分組成の差によるもので,それはヨモギの生長に伴って,ピリジンやピラジン環を持つ化合物が減少して青臭さや生臭ささがなくなり,テルペノイドの増加によって艾葉の香りが次第に強くなるためのようです。

 艾葉の良品については,『図経本草』中に「(採集後)久しく歳月を経た古いものを用いるべし。」との記載が見られます。李時珍は「艾葉を用いるには,久しくおいた古いものを修治して用いねばならない。・・・新鮮な艾を灸に用いると筋脈を傷つける。」とし,『大和本草』では「モグサは嫩葉がよく,三月三日に採集したものが上品であり,茎が長くなりすぎたものは力がなく,茎が短く若いものが良い。次いで五月五日に採集したもの・・・調整後三年を経たものを用いるべきである。」としています。また『本草蒙筌』では,「煎じるものは新鮮なものが良く,灸にするものは陳灸のものが良い。」と,用途で新旧の違いを記載しています。三月三日と五月五日のどちらが採集に適しているかは,種によって花期や分布が異なるため一概には判断できませんが,灸に用いるには,調製直後のものよりも古くなったものを用いるべきであることは確かなようです。

 その他,『食療本草』には「艾の嫩葉を取って菜にして食し,あるいは・・・・一切の鬼,悪気を治す。長きに瓦って服すれば冷痢を止める。」とあり,『和漢三才図会』には,「艾の嫩葉に米粉を和して草餅を作ることを上巳の日の恒例となす。・・・一切の悪気を避ける・・・」とあり,嫩葉は食用に利用されるとともに魔よけにされたことも窺えます。

 ヨモギの独特な臭いに魔除けの力があるとされ,呪術や治療に用いられてきた歴史は日本の各地に残っており,桃の節句のヨモギの菱餅や,端午の節句にショウブと一緒に軒つるしたり,また布団の下に敷いたりと多く見られます。

 李時珍は「老人で丹田の気が弱いもの,臍腹に冷を畏れるものには熟艾(古い艾葉)を布袋に入れたもので臍腹を覆い温めれば効果がある。寒湿脚気にもやはりこれを足袋の裏に挟むのがよい。」と記載しています。このように身近でだれもが簡単に利用できる方法は,もっと見直されるべきだと思われます。

(神農子 記)