ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【ブクリュウカン(伏龍肝)】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【ブクリュウカン(伏龍肝)】  平成25年7月10日号より

基源:長年使用された黄土製かまどの中央部の焼け土

 伏龍肝が日本に渡来した時期は不明ですが,10世紀に編纂された本草書『本草和名』に記載されており,平安後期にはすでに伝来していたことがうかがえます.益富寿之助は黄土について,「リヒトホーフェンの華北の黄土で,日本にはこれに相当する土は無いが,関東ロームが之に近い.たんに黄色や褐色の粘土を黄土と思つてはいけない.」と記しています.シルクロードの名付け親として知られるドイツの地理学者リヒトホーフェンは,中国の地下資源を調査したことでも知られており,益富博士のいう「黄土」とは,リヒトホーフェンも調査した華北の黄土地帯に産する粘土のことを指すようです.華北はかつて良く用いられた呼称で,淮河以北地域(河北省,山西省,内モンゴル自治区,北京市,天津市など)を指します.中国黄土地帯の黄土はミネラル分を豊富に含むことが知られており,この点において他の粘土と異なります.

 伏龍は臥龍と同義であり,天にも昇る能力を持ちながら寝ている龍,すなわち優れた能力がありながら世に知られていない人物を意味します.蜀の諸葛孔明はその才能ゆえ幼少期に伏龍と呼ばれていたそうです.中国には古くからかまど神の信仰があり,伏龍肝という名前はかまどの神を伏龍になぞらえて命名されたと陶弘景は記しています.また,伏龍肝の別名に黄土,釜月下土,灶心黄土などがあります.黄土について『古方薬品考』には,かまどの焼け土以外にも山土で黄色のものを黄土と称すが,これらは同じではない,とあります.現代では,黄土地帯の黄土は有害物質を含むので赤熱してから用いるべきと言われています.

 伏龍肝の供給は限定されているため一部代替品が使用されてきました.吉益東洞・村井椿寿は土器を焼いたものを用いて治療を行い,効を奏しました.その他,長年使用した七輪やカワラ・レンガなどの破片を代用品として用いる例もあるようです.しかしながら,紅磚(赤レンガ)は焼く際に産生した有害物質を含むため代用には不向きであるとの意見があります.

 伏龍肝に関する研究はほとんどなされていません.中国瀋陽市の田舎の家のかまどの中央部の焼け土について成分組成を調べた結果,SiO2 41.4%,Fe2O3 11.6%,Al2O3 4.4%,CaO 8.0%,MgO 10.7%,K2O・Na2O 17.2%,SO3 6.4%,Cl- 1.6%,CO32- 1.1% であり,弱アルカリ性であったとの報告があります.ところが,七輪の破片の成分組成は,SiO2 3.7%,Fe2O3 微量,Al2O3 微量,CaO 9.8%,MgO 2.1%,K2O 13.9%,Na2O 21.5%,SO3 41.5%,Cl- 8.1% との報告があり,無機成分に着目すると明らかに前者と異なります.一方,古いレンガの成分組成は,多少のばらつきがあるもののSiO2やFe2O3を多く含むなど瀋陽のかまどと同様の傾向を示しました.このことから考えると,伏龍肝の代替品としては,七輪の破片よりはレンガの方が良いように思えます.

 伏龍肝の性味は辛・微温で脾胃に入るとされています.虚寒の血便・吐血など各種出血に,あるいは嘔吐・反胃に用いられます.温中の効能が知られていますが,黄土が長期間高温にさらされてきたことと関連があるのでしょうか.代表的な処方としては,つわり・悪心などに用いられる伏龍肝湯があります.また,つわりに繁用される処方に小半夏加茯苓湯がありますが,伏龍肝を加えるか伏龍肝を溶いた上澄み液で煎じるとより強い効果が期待できるとされます.さらには,伏龍肝を煎じた上澄み液で小半夏加茯苓湯を煎じる伏龍肝煎という処方もあり,同様につわりに対して用いられます.各種出血に用いられる黄土湯では「黄土」が主薬とされています.この「黄土」について,現在では灶心黄土,すなわち伏龍肝が用いられていますが,難波恒雄は赤熱していない黄土を用いるべきだと指摘しています.この他,中国では外用で血管収縮・止血などに用いられることがあるそうです.

 マイナーな生薬ゆえ,中国の急激な経済発展によって,伏龍肝はやがて過去のものになってしまうのかも知れません.

 

(神農子 記)