ホーム > 漢方・生薬について > 生薬の玉手箱 > 五十音順検索 【セネガ】
五十音順
あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
【ア】上に戻る▲
アカメガシワ
アキョウ
アセンヤク
アマチャ
アマニン
アラビアゴム
アロエ
アンソクコウ
【イ】上に戻る▲
イレイセン
インチンコウ
インヨウカク
【ウ】上に戻る▲
ウイキョウ
ウコン
ウコン (2)
ウバイ
ウヤク
ウワウルシ
【エ】上に戻る▲
エイジツ
エキナケア
エンゴサク
エンメイソウ
【オ】上に戻る▲
オウゴン
オウギ
オウギ (2)
オウセイ
オウバク
オウバク (2)
オウヒ
オウフルギョウ
オウレン
オウレン (2)
オトギリソウ
オンジ
オンジ (2)
【カ】上に戻る▲
カイカクとカイカ
ガイシとビャクガイシ
ガイハク
ガイヨウ
ガイヨウ (2)
カゴソウ
カシ
カシュウ
ガジュツ
カッコウ
カッコン
カッセキ
カノコソウ
カミツレ
カロコン
カンショウコウ
カンゾウ
カンツイ
カントウカ
カントンニンジン
【キ】上に戻る▲
キキョウ
キコク
キササゲ
キクカ
キジツ
キバンとベッコウ
キョウカツ
キョウニン
キョウニン (2)
キンギンカ
【ク】上に戻る▲
クコ
クコシ・ジコッピ
クジン
クズ
クセキ
クレンシ・クレンピ
【ケ】上に戻る▲
ケイガイ
ケイヒ
ゲッケイジュヨウ
ケツメイシ
ケンゴシ
ゲンジン
ゲンチアナ
ゲンノショウコ
【コ】上に戻る▲
コウカ
コウカ (2)
コウブシ
コウベイ
コウボク
コウボク (2)
コウホンとワコウホン
ゴオウ
コオウレン
ゴシツ
ゴシュユ
ゴシュユ (2)
コショウ
コズイシ
コツサイホ
ゴボウシ
ゴマ
ゴマシ
ゴミシ
コロハ/フェヌグリーク
コンブ
【サ】上に戻る▲
サイコ
サイシン
サフラン
サフラン (2)
サンキライ
サンザシ
サンジコ・コウジコ
サンシシ
サンシシ (2)
サンシチニンジン
サンシュユ
サンショウ
サンズコン
サンソウニン
サンヤク
サンリョウ
【シ】上に戻る▲
シオン
ジオウ
ジギタリス
シクンシ
シコン
シツリシ
シテイ
ジフシ
シャクヤク
シャクヤク (2)
シャクヤク (3)
ジャコウ
ジャショウシ
シャジン
シャゼンシとシャゼンソウ
シャチュウ
ジュウイシとヤクモソウ
ジュウヤク
シュクシャ
ショウキョウ・カンキョウ
ショウキョウ・カンキョウ (2)
ショウコウとカイショウシ
ジョウザン
ショウズク
ショウバク
ショウマ
ショウリク
ショクエン・ジュウエン
ジョチュウギク
ジョテイシ
ジリュウ
シンイ
シンキク
ジンギョウ
ジンコウ
【ス】上に戻る▲
スイテツ
ス・クシュ
【セ】上に戻る▲
セイヒ
セキショウコンとショウブコン
セキショウズ
セキリュウカヒとセキリュウコンピ
セッケツメイ
セッコウ
セッコウ
セッコク
セネガ
センキュウ
ゼンコ
センコツ
センソ
センソウ
センナ
センプクカ
センブリ
【ソ】上に戻る▲
ソウキョウ
ソウジシ
ソウジュツ
ソウハクヒ
ソウハクヒ (2)
ゾクダン
ソボク
ソヨウ
【タ】上に戻る▲
ダイオウ
ダイオウ (2)
タイシャセキ
ダイズ
タイソウ
タイソウ (2)
タイゲキ
ダイフクヒ
タクシャ
タラコンピ
タンジン
【チ】上に戻る▲
チクジョ
チクセツニンジン
チクヨウ
チモ
チユ
チョウジ
チョウトウコウ
チョウトウコウ (2)
チョレイ
チンジュ
チンピ
【テ】上に戻る▲
テンマ
テンマ (2)
テンモンドウ
【ト】上に戻る▲
トウガシ
トウガラシ
トウキ
トウキシとケイジツ
トウニン
トウニン (2)
トウヒ
トコン
トシシ
トチュウ
ドッカツとキョウカツ
【ナ】上に戻る▲
ナンテン
【ニ】上に戻る▲
ニガキ
ニクジュヨウ
ニクズク
ニュウコウ
ニンジン
ニンドウ
【ハ】上に戻る▲
ハイショウ
バイモ
バクガ
ハクシジン・ハクシニン
ハクトウオウ
バクモンドウ
ハゲキテン
ハコシ/ ホコツシ
ハズ
ハチミツ
バトウレイ
ハッカ
ハマボウフウ
ハンゲ
バンショウ(トウガラシ)
ハンピ
バンランコン
ハンロウ
【ヒ】上に戻る▲
ヒハツ
ヒマシ・トウゴマ
ビャクキュウ
ビャクゴウ
ビャクシ
ビャクジュツ
ビャクゼン
ビャクブ
ビャッキョウサン
ビワヨウ
ビンロウジ
ビンロウジ・ダイフクヒ
【フ】上に戻る▲
フクボンシ
ブクリュウカン
ブクリョウ
ブシ
フヒョウ
ブンゴウ
【ヘ】上に戻る▲
ベラドンナコン
ヘンズ
【ホ】上に戻る▲
ボウイ
ボウコン
ボウショウ
ボウチュウ
ボウフウ
ボクソク
ホコウエイ
ボタンピ
ホミカ
ボレイ
ボレイ (2)
【マ】上に戻る▲
マオウ
マクリ
マシニン
マンケイシ
【モ】上に戻る▲
モクツウ
モクツウ (2)
モクテンリョウジツ
モッコウ
モッコウ (2)
モツヤク
【ヤ】上に戻る▲
ヤカン
ヤクチ
ヤミョウシャ
【ユ】上に戻る▲
ユウタン
【ヨ】上に戻る▲
ヨウバイヒ
ヨクイニン
ヨクイニン (2)
【ラ】上に戻る▲
ライフクシ
ラクセキトウ
ランソウ
【リ】上に戻る▲
リュウガンニク
リュウコツ
リョウキョウ
リョウジツ
【レ】上に戻る▲
レイシ
レンギョウ
レンセンソウ
【ロ】上に戻る▲
ロウドク
ロートコン
ロホウボウ

生薬の玉手箱

生薬の玉手箱

 【セネガ】  平成8年02月15日号より

基源:セネガ Polygala senega Linne またはヒロハセネガ Polygala senega Linne var.latifolia Torrey et Gray(ヒメハギ科 Polygalaceae)の根

 中国語で「美遠志」と書くセネガは,「美国(アメリカ合衆国)の遠志」という名が示すように,カナダやアメリカ原産の生薬で,漢薬ではありません.北アメリカの原住民,Seneka族が,毒ヘビ(ガラガラヘビ)にかまれたときこの根を救急的に使用していたのが薬用の始まりと言われ,Seneka族にちなんでセネガと名付けられました.各部族によって薬用の効能は異なり,心臓病に使用していた部族もあれば,Ojibwas(オジブウェ−)族のように根の煎剤を咳や風邪に用い,また葉の浸剤を喉の痛みに用いていた部族もありました.1735年,フィラデルフィアに住む一スコットランド人医師が,医学論文『Essay on Pleurisy(肋膜炎に関する論評)』の中で,肺の病気の治療薬として著わし,それがヨ−ロッパに紹介され,去痰薬,利尿薬としても用いられるようになりました.その後広く知られるようになり各国の薬局方に収載され,現在は浸剤または煎剤が,去痰,鎮咳薬として気管支炎,肺炎時の気道内の痰の排除に用いられています.セネガの去痰作用機序は,「サポニンの粘膜刺激作用による軽い悪心により,反射的に気道の分泌を促進する」とされていますが,今だ不明な点が多く,利尿作用についても経験的に外分泌の促進にある種の作用があることが知られていますがこれも明らかにされていません.

 生薬セネガの品質は,肥大し細根の少ないものが良いと言われています.アメリカ東北中南部,カナダ南部に産し,北アメリカ産のセネガ根は野生品で,市場には葉の幅の狭い P.senega 由来の北部セネガ根(northern senega)と,葉の幅の広い P.senega var.latifolia 由来の南部セネガ根(southern senega)の二種があります.これらは,わが国に少量輸入されたことがありましたが,昭和30年頃から良質なものが国内生産されるようになり,現在は北海道,鳥取,奈良,兵庫などで葉の幅の広い P.senega var.latifolia が栽培され,年間約10トンの需要をほぼまかなっています.このセネガの栽培は,明治時代に初めて試みられましたが当時は全国に普及するまでには至らず,昭和に入り栽培法が確立して後,次第に広まっていきました.栽培品の質の向上に伴い日本産セネガとしてヨ−ロッパにも輸出されるようになりましたが,広葉種の P.senega var.latifolia は分枝した細根を多く付けるせいでしょうか,残念ながらその輸出量はしだいに減少しており,それに伴い生産量も減少してきています.

 セネガの主成分は,サポニンの senegin II,III,IV で,そのほか脂肪油,サリチル酸メチルを主とする精油を含みます.局方収載の同属生薬「遠志」も senegin 類似のサポニンを含み両者ともサポニン性去痰薬として広く知られていますが,柔細胞中にシュウ酸カルシウムの結晶を含むものが「遠志」で,これを含まずサリチル酸メチルの特異な臭いのあるものが「セネガ」であり,両者は簡単に区別できます.わが国では鎮咳,去痰薬として『日局 1』から配合剤やセネガシロップの原料として収載されています.変種の var.latifolia は,栽培化に伴い『日局 12』から収載されるようになりました.

(神農子 記)